私がよく使っている頭の整理法3選

今朝うちのポポ(ハムスター)がお亡くなりになりました。
子猫2000です。


生前のモフモフ写真を上げておきます。とりあえず癒されてください。
ただのキンクマなのですが、やたら長毛な子でした。
全体的にどんくさくて、天然な愛されキャラでした。

話は変わりまして、今日は普段猫さんが実際に使っている脳内整理法を紹介します。
と言っても有名なものばかりなので、詳しく知りたい方は他のサイトなどを見てください。

目次

  1. ブレインダンプ
  2. マインドマップ
  3. TODOリスト
  4. まとめ

ブレインダンプ

まずはブレインダンプです。
<ブレインダンプの例>

たとえばこんな感じです。
(画像は猫さんがブログに描きたい内容についてのブレインダンプ)
画像ではインデント(段差)をつけて見やすくしていますが、とくに書き方は決まっていません。
「あるテーマについて脳内に思いついた内容を全て書き出す」事がブレインダンプです。
メリットは思いついた内容を忘れない事と、頭が整理できる事(書き出してしまえば覚えておく必要がなくなるので。)です。

マインドマップ

つぎはマインドマップです。
申し訳ないのですが、こちらは今手元に例が無かったのでGoogleの画像検索を参照してください。
複雑そうに見えるかもしれませんが、こちらもやっていることは単純です。
要は連想ゲームです。
真ん中に対象の名称(もしくは絵など)を書きます。
そして、そこからクモの巣状に連想する内容や、掘り下げた内容を書いていくだけです。
この方法のメリットは、複雑に思えた問題などを小規模の簡単な問題に分解したり、
「可愛いとは?」のような難しい問いの答えを出すことが容易になることです。

TODOリスト

最後にTODOリストです。
iPhoneをお使いの方ならデフォルトで「リマインダー」というソフトが入っていますよね。
要はあれです。
<TODOリストの例>

とても生活感あふれてますねw

こちらはその名のとおり「覚え書き」です。
やらないといけないことをメモしておいたり、忘れそうな内容をメモしておいたりすることで、
その記憶領域を脳から排除できます。
そうすると、日ごろの活動に脳の性能をフル活用できるという寸法です。

まとめ

いかがでしたか?
どれも簡単なものばかりですが、非常に強力な効果を持っています。
プライベートだけでなく仕事などにも役に立つので、あなたも是非使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA