ペンタブに紙を貼ってみよう

前回は5分で線画と色を馴染ませるグロー効果のかけ方について紹介しました。特殊効果は簡単に使用できて見栄えが大きく変化するので是非試してみてください。今回はペンタブの描きやすさを上げる裏技的Tipsの紹介です。

まぁ、タイトルにあるとおり紙を貼るだけなのですが、人によっては効果絶大なので是非試してみてください。

“ペンタブに紙を貼ってみよう” の続きを読む

5分で線画と色を馴染ませるグロー効果のかけ方

コミケ1日目ですね、今年は猛暑なので薄い本は委託で購入予定の子猫2000です。前回は5分でイラストの見栄えを良くするディフュージョン効果のかけ方について紹介しました。
今回はイラスト全体を発光させるグロー効果について紹介します。前回と同様にイラスト用フリーソフトFireAlpacaで作業を行っていきます。

“5分で線画と色を馴染ませるグロー効果のかけ方” の続きを読む

5分でイラストの見栄えを良くするディフュージョン効果のかけ方

前回はもう迷わない!影色の選び方について紹介しました。今回はお手軽に完成した絵の見栄えをよくするテクニックとしてイラスト用フリーソフト「FireAlpaca」を使用して「ディフュージョン効果」のかけ方を紹介します。

“5分でイラストの見栄えを良くするディフュージョン効果のかけ方” の続きを読む

イラストの保存に適した形式は何か? デジタル絵で避けて通れない拡張子について解説します

サバゲーでハッスルしすぎて全身が筋肉痛になりました。
子猫2000です。

前回はイラスト上達に役立つ練習方法について紹介しました。
今回はデジタル絵を描くなら避けては通れない拡張子について紹介します。

“イラストの保存に適した形式は何か? デジタル絵で避けて通れない拡張子について解説します” の続きを読む

イラスト上達に役立つ基本練習方法3選。とりあえずコレをやっておけば間違いない方法について紹介

夏休みが近づいてテンションが高めになっています。子猫2000です。

前回は絵を描く際の鉛筆の使い方について紹介しました。持ち方を変えるだけで描きやすさが一気に変化することがあるので、是非試してみてください。

今回は「さぁ私も絵を描くぞ!」と意気込んではみたものの、右も左も分からない方に向けて、イラストの上達につながる練習方法について紹介します。

“イラスト上達に役立つ基本練習方法3選。とりあえずコレをやっておけば間違いない方法について紹介” の続きを読む

絵を描く際の鉛筆の使い方

前回はやる気が起きない時の対処法3選を紹介しました。今回はアナログ絵を描く際の基本となる鉛筆の使い方について紹介します。字を書く際とは違う持ち方を使用することで、より思い通りの線が引けるようになりますので、慣れるまで使ってみてください。参考までに猫さんの場合、違和感を感じなくなるまでに1週間ほどかかりました。

目次

  1. 先端に近いほど筆圧が高くなる
  2. 薬指と小指で安定感アップ
  3. 鉛筆でサイズを測る
  4. まとめ

先端に近いほど筆圧が高くなる


まずは基本的な鉛筆の持ち方を何種類か紹介していきます。全ての持ち方に通じる法則性として、鉛筆の先端に近い部分を持つほど筆圧が高くなり、より細かい作業が可能になりますので、覚えておいてください。


まずは一番浅い持ち方です。
鉛筆に筆圧はほとんどかけずに、鉛筆の自重で描くイメージです。紙を傷めずに薄い線が引けるので、描き始めのアタリをつける段階などで使用します。


続いて少し先端側に寄った持ち方です。(画像では鉛筆の真ん中あたりを持っています。)
最初に紹介した持ち方よりもコントロールしやすいですが、あまり筆圧をかけずに描く事が出来ます。先程つけたアタリを元にラフ(絵の構成要素を大まかに形取る作業)を描く際などに使用します。


最後に普段文字を書く際に使用している持ち方です。筆圧もしっかりかかってコントロールもしやすいですが、紙を傷めるためやり直しが効かなくなります。ラフがある程度固まってきて、大きな修正は行わないと断言できる状態になってから使用しましょう。

薬指と小指で安定感アップ

基本的な持ち方は上述の通りですが、派生形として安定感が増す方法を紹介します。


まずは小指と薬指を握らずに開いて机に密着させる方法です。
写真では普通の字を書く際と同様のペンの持ち方をしていますが、この方法はペンを寝かせた状態で持つ持ち方にも使用できます。
実際に行ってみると非常に安定感が高い事が分かります。その一方で、普通に持った場合と比べるとペン先の可動範囲が若干狭くなります。適宜、手首ごと位置をずらしながら使用すると良いでしょう。


次に鉛筆を中指ではなく薬指の上に乗せるスタイルです。こちらは小さい頃から絵を描いていた方に使用者が多い印象があります。こちらも安定感が増しており、細かい作業が行いやすいです。先述の小指と薬指を開く方法よりも、ペン先の可動範囲が狭まらないと思います。両方試してみて好みで使い分けてください。

鉛筆でサイズを測る

最後に紹介するのは鉛筆を定規の代わりとして使う方法です。
方法はいたって単純で、腕を真っ直ぐピンと伸ばし、鉛筆の先端と親指の先端の長さを、どこかのパーツの長さに合わせ、それを移動させて他のパーツとのサイズ比を見るだけです。
デッサンや模写などを行う際に、それぞれのパーツの比率や大きさを測るために使用します。
大事なのは目と鉛筆の距離を一定にすることです。そのために腕を真っ直ぐに伸ばします。

模写では腕を伸ばすことは難しいでしょうから、お手本にピッタリくっつけるなどの方法で、サイズ比を正確に測ると良いでしょう。

まとめ

鉛筆の使用方法についていかがでしたか?
猫さんのように、今まで絵を描いていなかった方だと最初は違和感を感じる持ち方かもしれませんが、使っているうちに段々慣れてきます。色々な持ち方が出来れば、鉛筆だけで気軽に行うお絵かきの幅も広がりますので、是非練習してみてください。

今回の内容は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回はイラスト上達に役立つ練習方法を紹介します。

お絵描きのモチベーションが上がらない時に試してほしい対処法3選

前回は絵を描きたいのに何も思いつかない場合に効果的な3つの方法について紹介しました。今回は逆にやる気が起きない場合の話をしようと思います。

“お絵描きのモチベーションが上がらない時に試してほしい対処法3選” の続きを読む

絵を描きたいのに何も思いつかない場合に効果的な3つの方法

台風の影響でサバゲーが延期になり意気消沈しています、子猫2000です。

前回は個々のパーツの描き込みより、全体のパーツバランスが大事という話をしました。今回は、モチベーションはあるのに、描くものが思いつかない場合の話をしようと思います。

“絵を描きたいのに何も思いつかない場合に効果的な3つの方法” の続きを読む

描いたキャラを可愛く見せるのに重要な事は?

連日異常な猛暑だったせいで最高気温30度が涼しく感じます。
子猫2000です。

前回は絵を描くのに必要なスキルの話をしました。今回はキャラクターを描く上で、パーツの綺麗さと、配置バランスのどちらがより重要かという話をします。

目次

  1. 理想は両方綺麗なことだけど
  2. まずは比較してみよう
  3. 補助線を引いてみよう
  4. まとめ

理想は両方綺麗なことだけど

パーツの配置バランスか、各パーツの綺麗さか。
可能なら両方ともバランス良く描けると良いのですが、描き始めたばかりの頃は中々上手くいきません。
かくいう猫さんもそうでした。

そこで色々な角度でもバランス良く描けるように練習するのですが、どちらを重点的に練習すると良いのでしょうか?
今回の話のポイントはそこです。

まずは比較してみよう

論より証拠ということで、まずは図を見比べてみてください。どちらも輪郭線は同じものを使用していますが、「各パーツはシンプルですが、バランス良く配置した絵」と「各パーツは凝っているけれど、配置のバランスを意図的に崩した絵」です。どちらの方が可愛いですか?

恐らく多くの人は左のシンプルなパーツだけど配置バランスの良い絵を選ぶと思います。
これが今回の話の結論です。
個々のパーツの綺麗さよりも全体としてのバランスが良い方が見栄えが良くなります。
福笑いが分かりやすい例かと思います。

実際、描いた絵に違和感を感じる場合、どこかしらのバランスが崩れている場合が多いです。違和感を修正する場合は、パーツバランスに注目して治すようにしてみてください。

補助線を引いてみよう

そこでバランス良く顔のパーツを配置する方法の話になります。
ここでは少し難しいですが、色々な角度の顔を描く際に応用のきく方法である補助線について紹介します。今まで絵を描いたことの無い人だと難しいと思いますが、今後イラストを描く上で長く役に立つ基本的な技術です。めげずにまったり頑張りましょう。


補助線の引き方は自由です。
あなたが描きやすいと感じる方法が、最高の補助線になりますので、色々な形を試してみましょう。

スタンダードな補助線は顔の中心に十字線を引くものですが、個人的には目の高さを指定できるよう横線を一本足した形状をオススメします。他にも、輪郭線のバランスをとるために線を増やしたり、目の横幅をあわせるために縦線を追加したりなど色々な方法がありますが、どれも基本的に顔の中心に十字線を描きます。これは、十字線を描くことで顔の向きをハッキリさせることが出来るためだと思います。後ほど記事に書くかもしれませんが、イラストではキャラクターの顔の向きには感情や意味を持たせることが多いです。同じ表情でも顔の向き次第で全く別の印象となるからです。

注意したい事として、補助線がずれていると、それを元に描いた絵もバランスが崩れてしまいます。
なので、補助線はテキトーに描かずに、しっかり綺麗に描くようにしましょう。(自戒

まとめ

パーツバランスについての話はいかがでしたか。これからイラスト練習をする上で、パーツ同士のバランスや、パーツ間の空間を意識しつつ描いてみてください。上達が早くなると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回は絵を描きたいのに何も思いつかない場合に効果的な3つの方法について紹介します。

絵を描くのに必要なスキル

週末はサバゲー予定だったのに台風が向かってきています。
子猫2000です。

前回は描いた絵は全て残しておこうという話を書きました。
引き続き「イラスト-未経験者向け」カテゴリーとして、これからイラストを描き始める人に伝えたい内容の話をしようと思います。
今回は猫さんが考える絵に必要なスキルについての話です。

目次

  1. 絵が上手いってなんだろう?
  2. 必要なスキルと上達法
  3. まとめ

絵が上手いってなんだろう?

まず絵が描けるかどうかっていう話でいうと、上手い下手はさておいて、おそらく全人類が描けるでしょう。手が使えなくても描きつづけた有名な漫画家もいるくらいですし。
全人類が描けるとなると、そこから先は上手い下手の話や、好き嫌いの話になってきます。

個人的には絵の上手い下手はある程度(基礎部分については)計測可能だと思います。
たとえば目の前にリンゴを置いて皆で絵を描けば、「A君は絵が上手いなぁー」だとか考えると思います。この場合、恐らく大多数の人はリンゴをそのまま描きます。そして、「より実物に似せられた絵」を上手いと感じると思います。しかし、注意してほしいのは「本物を真似する事が必ずしも絵の上手い下手を決めるわけではない」事です。ここでリンゴを書いた人の数が多ければ間違いなく予想もしなかった方向性から絵を描く人が現れます。皆がそのままのリンゴを描いている中、アップルパイを描くなど……
(ごめんなさい、猫さんは突拍子も無い発想ができないタイプなので良い例が思いつきませんでした。)

それを見て「こんなのはインチキだ、関係ないものを描いている」と批判する人もいるでしょう。しかし、それを見て「発想が上手い」と感じる人もいます。個人的にはこれも絵のスキルのひとつだと思います。

そして、皆が時間をかけて描いている中、ササッと特徴を捉えて短時間で描く人もいるかもしれません。これも絵のスキルのひとつだと思います。

ここまで例としてリンゴの絵を描いた場合の話をしてきましたが、「絵が上手い」という指標は単一のモノサシではないことが分かると思います。
色々な要因が重なった結果として「絵が上手い」と認識しているわけです。

必要なスキルと上達法

というわけで、猫さんの独断と偏見でイラストに必要なスキルと上達法について書いて行きます。
イラストを描くためのスキルとして思いついた物は

  • 観察力
  • 手(ペンを操作する部位)の器用さ
  • 集中力(長時間描きつづける体力)
  • 対象物に関する知識の豊富さ
  • 絵を描く道具に対する理解
  • 立体把握能力
  • 平面把握能力
  • 色彩感覚(色に関する引き出しの豊富さ)
  • 構図力(構図の引き出しの豊富さ)
  • 発想力(妄想力)
  • 物理シミュレーション力

バーっと思いついた範囲だけでもこれだけありました。
個人的に特に重要だと思うのは「観察力」「手(ペンを操作する部位)の器用さ」「集中力(長時間描きつづける体力)」の3つです。この3つがイラストを描く上での基礎に当たると思います。ここがしっかりしていれば後は方向性の問題かと。
で、肝心の基礎3種類の鍛え方ですが、絵を描き続けていれば自然とあがります。
アバウトすぎて分からない!もっと具体的に練習方法を知りたい!と言う方は下記のような内容を行えば良いと思います。

  • 絵や写真の模写
  • 時間を決めてクロッキー
  • デッサン

共通することは「観察」「ペンを実際に動かす」「意外と時間がかかる」の3点です。
「デッサン?クロッキー?なんのこっちゃ」という人もいるかと思いますので、簡単に説明すると、

模写:文字通り真似して写すこと。似たものに”トレス”があるが、模写の場合は対象物と紙を重ねることはしない。

クロッキー:短時間で対象物の特徴をつかむ訓練。短い時間(数秒~数分)で簡易デッサンを行うイメージ。

デッサン:長時間かけて対象物を立体感まで含めて写すこと。制限時間は定めずに自分の納得がいくまでやるのがオススメ。

という感じです。
個人的には初心者はまず模写から始めるといいと思います。

好きなイラストレーターなどがいるなら、イラスト集を1冊買ってきてひたすら模写するとか。TwitterやPixivなどで気に入ったイラストを見かけたら、それを模写するとか。イラストを描く上での基礎力をつけつつ、自分の好きな方向性の絵の引き出しが増えるので一石二鳥だと思います。ただし、注意してほしいのは「模写だけしてもオリジナルの作品が描けるようにはならない」ということです。ネットでこの手の話を見ていると、時々「ひたすら模写だけやってたら、めちゃくちゃ模写は上手くなったけど、自作の絵は描けるようにはならなかった」という話を見かけます。実際にその人が上げていた絵も見たのですが、たしかに模写はコピー機を使ったのかと思うほど上手かったのですが、自作の絵ではクオリティが落ちていました。模写は良い練習にはなるけれど、模写だけやっても自作の絵を描けるようにはならないということを常に意識に持っておいてください。先述のとおり、イラストは色々なスキルが組み合わさって初めて作品として形になります。

猫さんオススメの練習サイクルは「模写やデッサン → オリジナル作品をつくる → 知識を補充する → (以下ループ)」というサイクルです。
これなら「模写だけ上手くてオリジナルが作れない」といったことは起こらずに順調に成長していけると思います。

  1. 模写やデッサンで基礎力を鍛えつつ、絵に関する引き出しを増やし
  2. オリジナルの作品を作ることで、ゼロから作品をつくっていく感覚を養い
  3. 完成後(もしくは作成中)に対象物に関する知識を補充する

基本的に自分が行った行動に関連したスキルのレベルが上がると思ってください。
オールスキル性のゲームと一緒です!!
「模写を1枚行ったから、模写のレベルが1上がった!(チャラララッチャーチャッチャー」とか考えながらやると楽しいです。
楽しみながら上達しましょう!

あなたが漫画を描くことが目的なら、漫画を読むことはもちろん、好きな漫画の模写をしたり、自分で漫画を描くと良いです。ふと気づいた頃には漫画に関するスキルのレベルが上がっていることでしょう。
※絵としての基礎部分のスキルは共通ですが、イラストと漫画はまた別のスキルが必要です。

まとめ

結局のところ「自分が行った行動の分だけ関連した絵のスキルレベルが上がる」という話です。
絵の基礎に関わる部分の練習を行いつつ、自分の目標とする方向性に関連した行動を選択してください。

今回はこの辺で終了します。
次回は描いたキャラを可愛く見せるのに重要な事は?です。