[LoL]タリヤOTPによるMid Taliyah講座。タリヤちゃん可愛いから皆も使おうよ布教

こんちゃ! お仕事の山場を越えて最高にハイな気分の子猫2000です。今日はLeague of Legends(以下LoL)の私の愛用チャンプであるタリヤちゃんの使い方について解説します!

普段生息しているDiscord鯖で最近LoLを始めた方がいて、みんなで懇切丁寧に教える流れになってまして、冗談交じりに「需要ないけど、タリヤちゃん講座なら任せろー(バリバリ」なんて言ってたら、思いがけず違う方面から「需要あります」とか言われちゃったので勢いで解説します。

自己紹介

冒頭から身内ネタ全開でしたが「そもそもお前誰やねん」って方向けに軽く自己紹介しておきます。シーズン3からNAサーバーでLoLをプレイし始めて、日本サーバーが出来てからは日本サーバーでのみプレイしております、万年シルバーランクの子猫2000です。最近ゴールド下位になりました。

この記事執筆時点でのマスタリーポイントは103万でした

メインチャンプはストーンウィーバーのタリヤ(Taliyah)ちゃんです。いわゆるワントリックポニーで、タリヤちゃんばっかり使ってます。

タリヤはどんなチャンプか?

非常にpick率の低いチャンピオン(2021/05/29記事執筆時のキャラとしてのpick率は1.82%、その内Midは8.71%なので、Mid Taliyahとしてのpick率はわずか0.15%)なので、そもそもタリヤを見た事が無いという方もいると思います。そこで、まずタリヤ(Taliyah)ちゃんのキャラとしての立ち位置から紹介します。

分類は「コントロールメイジ」(もしくはnuker)と呼ばれるメイジ系(魔法使い系)のチャンピオンです。

高い継続火力とバースト力、WのノックアップやUltの地形変更による集団戦への影響力が高いキャラですが、一方で自身は非常に脆いため敵にキャッチされると即座に溶かされてしまいます。いかに敵にキャッチされずに火力を出し続けられるかが重要なキャラです。

Pros(強み、メリット)Cons(弱み、デメリット)
Qによる高い継続火力紙装甲で捕まるとすぐ溶ける
フルコンボ時の高いバースト力方向指定スキルばかりなので、習熟難易度が高め
好きな方向にノックバックできる攻守自在のWRを失敗すると味方に怒られる
全チャンプ中、唯一無二の地形変更スキルであるRマナ管理がめちゃくちゃキツイ
地味可愛い(素朴だけど磨くと化けるタイプの可愛さ)不人気チャンプゆえスキンが少ない

ルーン選択

ルーンは多少流行がありますが、ほとんど変化がないです。ほぼ何も考えずこのルーンで良いでしょう。好み次第で変更する箇所があるとすれば……

タリヤ基本ルーン
  • 魂の収穫⇒電撃:序盤のバースト力がアップする代わりに、後半の火力がダウン
  • 血の味わい⇒追い打ち:バースト力がアップする代わりにサステインがダウン
  • 凱旋⇒冷静沈着:HP回復ではなくマナ回復を重視するならこちらを選択
  • 魔法防御⇒対面や敵チーム構成に合わせてHP、物理防御に適宜変更

くらいです。他の箇所はほんとに固定で良いと思います。

スキル解説

スキル上げの優先順位は「R>Q>E>W」です。これ固定です。Lv1~3は「Q⇒W⇒E」がオススメですが、対面がヤスオの時などは「Q⇒E⇒W」がオススメです。Eを敷いておくとヤスオが自爆してくれます。

他のスキル上げ順も何回も試したことはありますが、正直弱いです。E上げにするとバーストが上がったり、W上げにするとCCが(それでもクールダウン12秒だけど)気持ち多めに撃てたり、しますが弱いです。スキル上げの順序は必ず「R>Q>E>W」にしましょう。

P:ロックサーフィン

非戦闘状態時に壁の付近で移動速度が上昇する。重要な事なので繰り返し書きますが、移動速度上昇できるのは非戦闘状態の時のみです。タリヤの基本移動速度は335なので、素の移動速度自体はそれほど速くないです。戦闘中の立ち位置が重要なキャラなのに、戦闘状態だとパッシブの移動速度上昇は期待できません。なので、早めに靴を買いましょう。

Q:スレッドボレー

タリヤちゃんのメインスキルです。発動時に指定した方向へ向けて合計5つの石の欠片を順番に発射します。ルシアンのUltみたいな感じです。タリヤちゃんのバースト力の半分を構成しているのは、このスキルの全弾ヒットです。最初の発動さえしてしまえば、途中でスタンされようがサプレッションされようがお構いなしに石は飛んでいきます。筆者の経験ですと、意気揚々とサプレッションをかけてきたマルザハールが発動済みのQで返り討ちに……なんてこともありました。なお度重なるナーフにより同一対象にヒットした2発目以降の石の欠片はダメージが落ちます。ぴえん。

……それでも全弾ヒットすると非常に強いです。

ちなみに、スキル説明には書かれていないですが、ヒットした敵の視界を取得する副次効果が付いてます。バロンファイトとかで視界が無いけど、敵がバロン開始しているのかを知りたい場合などにQを当てると、当たった瞬間だけ視界が得られます。

なお一度Qを発動すると周囲の地面が一定時間「加工された状態」となります。

Q発動により「加工された状態」となった地面

「加工された状態」の地面の上でQを発動した場合は石の欠片は1つしか発射されませんが、マナ消費が1になります。これ重要です。

マナ消費が1になります

残念ながらタリヤは過去にプロシーンで大暴れした結果、Riotから度重なる弱体化を受けてしまいました。このQのマナ消費が1になる仕組みを有効活用しないとレーンでは生きていけません。マナ管理がきつすぎるからです。

このQは何気に射程距離が1000と非常に長いため、これを使って対面へハラスしたり、ミニオンのCSを安全に取ったりしましょう。

QのクールダウンはLv1では7秒ですが、MaxLvでは3秒まで短縮されます。アイテムビルドである程度クールダウン短縮も積むはずなので、後半の集団戦では絶えまなくQを撃ち続ける事が可能となります。

「失敗したって、投げる石はいくらでもあるわ!」

W:サイズミックシャーブ

指定地点から指定方向に向かってAoE(範囲)ノックバックを与えます。発動は1秒後のため、真正面から当てるのはちょっとコツがいります。詳しくは後程……

スマートキャストONだと、Wキーを押し込んだ瞬間のカーソル位置で座標が決定され、その後Wキーを離した瞬間のマウスカーソル位置で方向が決定されます。

タリヤのコンボの起点となる技ですが、クールダウンが16秒と非常に長く、敵にキャッチされた際に逃れる唯一の手段でもあるため、無駄撃ちは禁物です。ここぞというタイミングでのみ使用しましょう。

E:アンレイベルアース

指定方向の地面に扇状に岩石を設置し、設置された岩石は4秒後に爆発する。設置された岩石に乗っている敵には継続的にSlowを付与する。敵ユニットがKnockbackやPull等の受動的通過やダッシュ・リープで岩石の上を通った場合は、即座に爆発して減少した魔法DMを与える

タリヤちゃんのバースト力のもう半分はこのスキルです。設置したEの上を通すように敵をWでノックバックさせると即座に起爆させることが出来るので、WとEをセットで使用してバーストを出します。このスキルもクールダウンが長いので、無駄撃ち禁止です。

味方のスレッシュやブリッツ等が敵を引っ張った場合でも起爆します。味方に敵を強制移動させるスキルを持ったチャンプがいる場合は狙ってみるのも良いでしょう。

対面がヤスオやルブランのようなダッシュ・リープ系のチャンプの場合、相手の入ってくるタイミングに合わせてこのスキルを撒いておけば、勝手に相手が大ダメージを受けてくれます。特にヤスオが、突っ込んできたときにEを撒いておけば、驚いて帰っていきながらボコボコ自爆していきます。ちょっと面白いです。

なお、習熟度の高いヤスオだと戻らずに刺し違える事を覚悟して殴り続けてきます。ぴえん。基本的に殴り合ったら勝てないので、その時はフラッシュを使うなり、Wを使うなりして逃げましょう。

地味ですがスローが乗るので、Qの全弾ヒットにも一役買うスキルです。

R:ウィーバーウォール

全チャンプ中唯一の地形生成スキルです。1秒詠唱後に指定方向に向けて5秒間持続する岩の壁を作り出します。Ultなのに火力に全く貢献しないスキルですが、うまく使うことで攻守両方に使用することが出来ます。具体的な使用方法は後ほど……

発動直後にもう一度スキルボタンを押すことで壁に乗り指定した方向へ高速で移動することが出来ます。タンタンッ! くらいの感覚でRキーを2連打すると乗れます

壁が完全に生成されきってから再発動すると壁を破壊することが出来ます。失敗して味方を閉じ込めてしまった場合などは破壊しましょう。

覚えておくべきこととして、ダメージを受けると壁から落とされます。それも敵側に。ティーモの毒などのDoTダメージでももちろん落とされるので、使用時は注意してください。

R:ウィーバーウォールのLv1、Lv2、Lv3の距離。botレーンのトライブッシュより。

ちなみにタリヤを使わない人はよく誤解してますが、ウィーバーウォールのLv1時点では意外と短距離しか移動できません。(上図の一番小さい円がウィーバーウォールLv1時点の範囲)botのトライブッシュからだと、botレーン内手前の草むらまでを壁で分断するのがせいぜいの距離です。なので、クールダウンも長いですし、純粋にレーン復帰する時間を短縮するためだけに使用してしまうのは勿体ないと思います。

基本コンボ

コンボは2パターンしかないです。超簡単! やったね!

とはいえ、Wをしっかり当てられるかどうかでタリヤの習熟度が測れる(と個人的に思っている)ほど、重要なポイントでもあります。しっかり練習しましょう。上手く当てればアサシン並の超火力が出て、敵は溶けます。

コンボ1:W(手前に向けて)⇒E⇒Q全弾ヒット

私が良く使用するコンボはこちら。W発動直後にEを発動すると、Eの強制起爆を起こすことが出来ます。メリットはコンボの起点となる射程が長い事。遠くの敵をキャッチして、近くに引き寄せつつEを起爆し、スローの掛かった敵にQを全弾ヒットさせるコンボです。

基本コンボ1(W(手前に向けて)⇒E⇒Q全弾ヒット)

デメリットは当てづらい事です。先述の通り、起点となるWは発動まで1秒のタイムラグがあります。そのため馬鹿正直に撃っても敵は当たってくれません。でも当てます。当てないとタリヤの強みであるバーストが出せませんので。

では、どうやって当てるかという話ですが、コツが2つあって

  • 相手の1~2歩先を予測して発動する事
  • 相手の不意を突く事

の2つが重要だと思います。

相手の1~2歩先を予測するのってそんなに難しくないと思います。「あ、このミニオンのCSを取ろうとしてるな」とか、「あ、こっちのQを警戒してミニオンの後ろに隠れたまま左右移動を繰り返してるな」とか、そんな感じで皆さんも何となく相手の1~2歩先は予測できると思います。発動までタイムラグがあるので、相手が今いる位置ではなく、そこから1~2歩進んだところを発動地点に指定すると丁度いい感じのタイミングになります。

でも、まぁこれだけで当たってくれるかというと、やっぱりそんな事はないです。相手もプレイヤーなので、対面している時は常にこちらのWを警戒しています。そして、この発動まで1秒という時間が絶妙で、しっかり集中して「相手のW発動の予兆が見えたら避けるぞ!」って意識を持った相手には基本的に避けられます。そこで、コツ2つ目の「相手の不意を突く事」が重要になってきます。

「相手の不意を突く事」だと、ちょっと曖昧な言い方なのでいくつか具体例を出すと

  • ミニオンのCSを取ろうとしている瞬間
  • Midから他レーンへ向けて寄っている瞬間
  • 草むら内などで視界を取られていないと思っている瞬間
  • 集団戦でこちらの味方を攻撃しようとしている瞬間
  • 相手が草むらに入る瞬間(特におすすめ)

こんな感じです。相手の意識が逸れた瞬間を狙います。すると、100発100中とまではいかないものの、命中率8~9割くらいに上がるはずです。特におすすめの方法は自分が草むらに隠れておき、相手が草むらに入る瞬間にWで跳ね飛ばす方法です。草むら内の視界を取られている場合を除き、100発100中で当たります。

そりゃまぁ相手からしたら予兆なくWが発動されるのと同義ですから、避けようが無いですよね。なので、タリヤをプレイする際はピンクワードを買ったり、オラクルレンズで相手の視界を潰す動きを積極的に取りましょう。

コンボ2:E⇒W(横もしくは奥に向けて)⇒Q全弾ヒット

最初に紹介したコンボ1と比べると使用率は落ちますが、私は時々こちらも使用します。メリットは真正面からでも当てやすい事です。まずEの射程に入らないといけないので、コンボ1と比べるとコンボの起点となる射程が短いのはデメリットですが、タリヤ初心者の場合は、まずこちらのコンボ2から覚えるのをお勧めします。

先述の通りEにはスロー効果がありますので、Eを敷く事で敵はスロー状態となりWを回避しづらくなります。Eを敷いた後、相手の1歩先を予測してWを発動しましょう。スローが乗っているので割と簡単に当たります。

そもそもEの射程が短いため、このコンボ2を使用できるタイミングは敵もこちらに反撃できる射程圏内の場合が多いです。これが私が好んで使用しない理由の1つです。Wを手前に向けて発動すると、ただですら近い敵との距離が更に近づいてしまうため、横方向もしくは自分から遠ざかる方向に向けて跳ね飛ばすのが良いでしょう。

せっかくなのでタリヤちゃんのプールパーティスキン実装記念で描いた過去絵なんか貼ってみたり

ここまでで基本的なタリヤちゃんの使い方は解説したので、ここから応用的内容をメインで紹介していきます。ある程度タリヤちゃんの操作には慣れた方向けの内容です。

タリヤの強い時間と弱い時間

LoLのチャンピオンは現在150体以上いますが、それぞれにキャラとしての強い時間と弱い時間があります。エリスのような序盤にめちゃくちゃ猛威を振るうタイプもいれば、ナサスのような試合が長引くほど化け物になるタイプもいます。レーン戦を行う上では対面のチャンプがどの時間に強くて、自分のチャンプがどの時間に強いのかを知る事は、レーンの勝ち負けを左右する重要な情報となりえます。

……とそれっぽい高説を垂れたところで、タリヤちゃんがいったいいつ強いのか? という話をします。独断と偏見でLvごとの強さをTierとして表現しています。

「God Tier(最強) > Tier 1(強い) > Tier 2(普通) > Tier 3(弱い)」ってイメージ

Lv1:ミニオン無しの前提なら非常に強い、Tier 1。Qをいかにヒットさせるかが大事だが、基本的にQの火力がぶっ壊れなので負けない。

Lv2:普通、Tier2。Lv2が強いチャンプ(トリスターナとか)が対面の場合は勝てない。積極的に仕掛けるのではなく、Lv3ファイトに向けて有利なミニオンウェーブを築くことを心掛けたい。

Lv3:タリヤちゃん最強の時間、God Tier。Q、W、Eの必須スキル3種が揃うため、バーストが可能となる。よほどミニオンウェーブの状況が悪いわけでなければ、是非とも対面とダメージトレードしたいところ。ここでダメージトレードすることで相手は深手を負った状態となり、以降のレーン戦を有利に進められる。サモナースペルでイグナイトを持っていればワンチャン殺せる可能性も大。相手がCSを取る瞬間を狙って、先述のコンボ1「W(手前に)⇒E⇒Q全弾ヒット」を決めたい。Wで相手をキャッチすることが出来た場合は、躊躇なくイグナイトを使用して良いです。高確率でそのまま殺せます。

Lv4~Lv5:まぁまぁ強い、Tier 1。Lv3のダメージトレードで有利を築けた場合は、このLv帯でキルを狙っていきたいところ。逆にLv3でダメージトレードできなかった場合は、ここが最後のチャンス。これより後はレーンで有利を築くのが難しくなります

Lv6:非常に弱いです、Tier3。これ以前にレーンで有利を築けている場合は例外ですが、有利を築けていても対面のチャンプによっては逆転される事もありうるLv帯。多くのチャンプのUltがダメージスキルなのに対し、タリヤはUltがダメージスキルではないので、Lv6は非常に弱いです。相手から当たられないような立ち回りを意識しましょう。

Lv6~ファーストコアアイテム完成まで:弱いです、Tier3。耐えましょう。対面がアサシンチャンプの場合などは特に注意です。幸いにもQは射程が1000と非常に長いうえ、クールダウンも短く、加工された地面の上ではマナ消費が1になります。相手から届かない位置からミニオンCSを取ることも容易ですので、積極的に活用しましょう。

ファーストコアアイテム完成~集団戦フェーズ:普通です、Tier2。ビルド次第で方向性が結構変わってきますが、基本的にバーストも継続火力もそこそこ出ます。集団戦が得意なコントロールメイジの強みを存分に生かしてお金を稼ぎましょう。

試合終盤:ビルド次第ですが相変わらず紙装甲でしょう。しかし、火力は滅茶苦茶出ます。Tier 1。集団戦の多い時間なのでコントロールメイジとしての強みが出しやすいはずです。試合終盤まできてLVが上がってくると、Ultのウィーバーウォールもマップ全体の半分ほどを移動できるほど距離が長くなります。基本はサイドプッシュをして、集団戦が起こりそうな空気を感じたら敵チームの横の森の中などからヒョコッと顔を出して、フルHPの敵ADCをワンコンで沈める……なんてことも可能です。もはやアサシン系チャンプと言っても過言では無いバースト力が出せます。

レーニングフェーズの立ち回り

もう半分くらい上で書いてしまいましたが、レーニングフェーズの立ち回りについて。

ひとつだけ覚えて欲しい事を選ぶとすれば「Lv 3では積極的に仕掛けること」です。タリヤちゃんがゲーム中で一番強い時間と言っても過言ではないです。ここでレーンの主導権を握りましょう。基本は相手がミニオンCSを取るタイミングに合わせてコンボ1「W(手前に)⇒E⇒Q全弾ヒット」です。

レーンで勝っている場合は上記コンボを駆使して更に勝ちを広げていけば良いです。

問題は負けている場合と、相手がダメージトレードに応じてくれない場合です。

レーンで負けている場合

射程1000もあるQのマナ消費1を利用して、ミニオンCSを取りましょう。死なない事が大事です。今は辛いでしょうが、幸いにもタリヤは後半また強くなる時間が来ますので、それまでしっかりミニオンCSでお金を稼いで耐えましょう。基本はタワー下にこもって、敵が調子に乗って前に出てくるようならWでタワー下に引き込んでやりましょう。装備差がついていない低Lvの状況なら逆転キルが狙えます。私はよくこの方法でレーンの主導権を握り返してます。

もしタワーダイブされて相手も道連れにできないほど負けている場合は、何よりも優先してストップウォッチを購入しましょう。この場合、ビルドは遅れるのでレーンではもう勝てないでしょうが、何度も死ぬよりはマシです。CSが取れない状況でも、Lv差が離れすぎないように最低限経験値だけは吸い続けましょう。

レーンで相手が戦ってくれない場合

これも時々あります。相手がヴェイガーとかライズでひたすらミニオンCS取るのに夢中な場合。この場合、アイテムビルドはルーデンテンペストの完成を急ぎ、プッシュ力を上げてBotレーンにside gankをしに行きましょう。場合によってはTopもありですが、Botへのside gankに比べるとメリットも成功率も落ちるのでどちらか選べる状況ならBotレーンがオススメです。

で、対面のmidレーナ―が追いかけてこない場合は、そのままBotガンクすればいいのですが、追いかけてくる場合は対面のmidレーナ―も食える可能性があります。相手の進行経路の視界を掌握しておき、Botに行ったふりをして草むらに隠れておくんです。

そうです、先述のコンボ解説で紹介した「相手が草むらに入る瞬間にW⇒E⇒Q全弾ヒット」コンボです。味方のジャングラーが寄ってくれてるとなおGood。もし敵ジャングラーが来ても2vs2に持ち込めますし、敵midレーナ―はコンボで即死or瀕死なのでその2vs2は必勝です。狙える機会は決して多くないですが、これに関しては本当に必勝法なので是非活用してください。

独断と偏見で語るレーニングマッチアップ一覧

タリヤが有利

ベイガー敵のEによるスタンは発動までタイムラグがあるので避けましょう。バースト力でタリヤが勝るので序盤から積極的に仕掛けるのがオススメ
アニーLv6以降のフラッシュ in Ult の警戒は必要ですが、射程で勝てます。Qでペチペチとハラスして、HPが半分くらいになったらコンボを決めて溶かしましょう。相手がスタック3と4の状態で近づかなければ怖くないです。
モルデカイザー硬いし火力も出ますが、移動速度が遅いのでそんなに怖くないです。こまめにQでハラスして、HPが減ってきたらバーストで溶かしましょう。Lv6以降は敵のUltで異世界に連れていかれた時用にWを温存しましょう。
オレリオン・ソル他チャンプと違ってゼロ距離まで近づいてしまえば怖くないので、敵がこちらを倒そうと追いかけてきたところにコンボを決めて逆に溶かしてあげましょう。

タリヤが不利

ゼドタリヤ使うならmust ban。何しても勝てません。実力差が2ランク(例:ブロンズvsゴールド)くらいあれば勝てますが、そのくらい相性が悪いです。
カタリナ1vs1なら怖くないが、他レーンでkillを拾ってきて勝手に育つ悪い子。移動速度が速いため育たれると勝てなくなる。
カサディン有名なmage killer。5Lv以下なら相手のQとタイミングをずらしてハラスする事でワンチャン勝てるけど、6Lv以降は無理。
タロン壁を飛び越えるのでタリヤのUltが無駄になる。バースト力も十分かつ、低Lv帯も強く、プッシュ力もあるアサシンなので、ひたすら相性が悪い。
フィズEによる回避がひたすらウザイが、Lv5以下なら十分勝てる可能性はある。Lv6以降はさっさとストップウォッチを購入し、サメに当たったら無敵化しましょう。
キヤナレーンでのマッチアップ自体はタリヤが微有利だが、キヤナのUltが地形生成するタリヤのUltと相性が悪い。敵にいるときはUltの使いどころに注意。
ルブランルブランのWによるリープはタリヤのEを起爆させるので一見有利に見えるが、発動が速いので視認してから対応するのは不可能。こちらがバーストを出し切る前に相手がバーストを出し切って戻ってしまうので相性×。
エコーLv5以下はひたすらプッシュ力で圧倒され、Lv6以上はタワーダイブ余裕のアサシン。Lv5以下なら勝ち目があるが、その時間に殴り合ってくれない。
セト耐久力も火力も高く、移動速度も速い。バーストを出してもWのシールドで耐えられて負けます。
アニビアLv5以下はタリヤ有利だが、パッシブの影響もあり実質2回殺さないと死なないため殺せないままLv6になってしまう。Lv6以降はプッシュ力もバースト力も跳ね上がるため勝てなくなります。早めにルーデンテンペストを完成させましょう。
ノクターン低Lv帯が強い上、プッシュ力の面でタリヤを上回るためレーンで主導権を握れないままLv6になってしまう。Lv6になったあとはサイドガンクしだすので、追従できるようリバーサイドはしっかり視界確保しておきたいところ。

イーブン、双方の実力次第

数が多いので割愛。ここに書いていないチャンプは双方の実力次第です。

基本的にタリヤが苦手な相手は「アサシン」と「移動速度が速いチャンプ」です。それ以外のチャンプについては、「瞬間的なバースト力で負けるが、こちらの方が射程で上回る」もしくは「射程で負けるが、瞬間的なバースト力で勝てる」のどちらかです。

こちらが射程で上回るなら、相手の射程外からひたすらQでハラスし続けます。

こちらがバースト力で上回るなら、ブッシュや味方のgankなどで距離を詰めて溶かします。

相手がどちらのタイプか見極めて対処しましょう。

集団戦フェーズの立ち回り

集団戦での立ち位置はADCと同様の最後衛です。下手したらADCより更にもう一歩下がっても良いです。相手チームと味方チームの構成によりますが基本は射程の長いQでpokeしておいて、ここぞというタイミングでWとEをセットで使用してコンボを決める動きとなります。

敵味方の構成で「敵にダイブしてくるキャラがいて、こちらにそれをpeelする(引きはがす)キャラがいない」場合は、味方ADCや自分に向けて飛びついてきた敵をWで引きはがす必要がありますので、Wは温存しておきましょう。

敵味方の構成で「敵にダイブしてくるキャラがいない場合」もしくは、「敵にダイブしてくるキャラはいるが、味方にそれをpeelしてくれるキャラがいる場合」は、Wをアグレッシブに使用できます。味方のinitiateなどに合わせて複数の敵をまとめてW⇒Eノックバックコンボに乗せる使い方を狙えると強いです。

アイテム選択

序盤のアイテム選択はほぼ固定ルートですが、それ以降は敵チームや味方チームとの構成に応じて変化させると良いです。私が普段使用しているアイテムビルドは以下3パターンがベースとなっています。

普段使用しているアイテムビルド例

初手

「ドランリング+ポーション2個」で固定です。涙スタートも一時期試していましたが、やっぱりLv3で積極的にダメージトレードしていきたいので、序盤の強さを確保できるドランリングが安定する印象を受けました。

ファーストリコール

ここのアイテム選択が結構重要です。野良でプレイしているとジャングラーが青バフをくれる保証がありません。しかし、タリヤは非常にマナ管理がキツイため、青バフ無しだとジリ貧になりがちでもあります。

ということで1300Gのロストチャプチャーを買いたいところですが、ファーストリコールでいきなり買えるほどお金が溜まっていることは稀です。

なので400Gの女神の涙を買います。これを買うことで劇的にマナ問題が解決します。派生アイテムのアークエンジェルスタッフは弱体化されまくったこともあり世間的には「弱い」という評価になっていますが、アイテム自体の金銭効率を計算すると非常にコスパの良いアイテムです。とはいえ、ファーストコアとして完成させるには少し決め手にかけるアイテムな面も否めませんので、アークエンジェルスタッフの完成は2~3手目で良いでしょう。

そして、できれば300Gのブーツも一緒に買いたいところです。他チャンプだとこの段階でブーツを購入するのは珍しいかもしれませんが、タリヤは移動速度がQの明中数に直結するため、火力アップに一役買ってくれます。是非早めにブーツを購入しましょう。

ということで、ファーストリコールの目安金額は700Gです。更にお金に余裕があれば75Gのピンクワードを購入するなり、ロストチャプターの素材アイテムを購入すると良いです。

ファーストコアアイテムの選び方

タリヤに慣れないうちは上図の「Basic_BurstTaliyah」のビルド固定でも良いですが、ある程度慣れてきたら敵味方の構成に応じてビルドを変えてみましょう。

ルーデンテンペスト:バースト力とプッシュ力を上昇

上図の「Basic_BurstTaliyah」のビルドです。

初手は3400Gのルーデンテンペスト固定で、2~3手目にアークエンジェルスタッフ、3~4手目にラバドンデスキャップと続きます。タリヤの基本となるビルドで、固定値の魔法防御貫通を上げて、敵のmageやadcなどを瞬殺するのが目的です。

ルーデンテンペストを選択する副次効果としてプッシュ力も大幅に上がるので、サイドレーンを適度にプッシュしてから集団戦に横から入り、敵のmageやadcを瞬殺するような運用となります。

エバーフロスト:キャッチ能力と機動性を上昇

上図の「Positioning_APratioTaliyah」のビルドです。

初手は3400Gのエバーフロスト固定で、2~3手目にコズミックドライブや、リーライクリスタルセプターを購入します。このビルドは火力面でルーデンテンペストに劣りますが、「エバーフロスト⇒W⇒E」コンボが使えるので、Wが当てづらい移動速度の速い敵が多い場合などに積みます。

ライアンドリーの苦悶:対タンク性能の上昇

上図の「AntiTank_BattleMageTaliyah」のビルドです。

初手は3400Gのライアンドリーの苦悶固定で、2~3手目に悪魔の抱擁やヴォイドスタッフを積みます。このビルドの場合はバースト力は落ちますが、絶え間なくQを撃ち続けられるタリヤと相性が良く、敵にナサスのような硬くて火力も出せるタンクがいる場合に積みます。このビルドを積む際は敵集団のフロントラインから順番に溶かしていくイメージで運用します。

そもそも敵のフロントが無視できるような構成なら、わざわざこのビルドに行くメリットは無いです。

Ultの使い方

最後にタリヤの最も特徴的なスキルUlt:ウィーバーウォールの使い方について。といっても、これに関しては本当に難しくて、私もいまだに使いこなせている自信は無いです。大きく分けて4つあります。

  • 味方への寄り:単純に距離を移動する目的で使用。その際、後続の味方の移動経路を塞がないように注意しましょう
  • 敵の分断:敵集団と味方集団の横からUltで入り、壁の生成により敵の増援を拒んだり、敵が逃げれなくする使用方法
  • スプリットプッシュ時の逃走:スプリットプッシュしている時に、敵が近づいてきたらUltで逃走する使用方法。攻撃を受けると落ちてしまうため、敵が画面端に映ったらすぐに発動するくらいで丁度いいです
  • 集団戦後の追撃:集団戦に勝利し、敵が敗走している際の追撃に使用する方法。これも味方の追撃ルートを塞がないように使用するよう注意しましょう

Tips

最後に覚えなくてもいい小ネタなど紹介します

  • オーンのEは、タリヤのUltで生成された壁を破壊できる
  • キヤナのUltは、タリヤのUltで生成された壁にも沿って発動する
  • タロンのEは、タリヤのUltで生成された壁も乗り越えられる
  • モルデカイザーのUltで異世界に飛ばされた時にタリヤのUltを発動すると、現実世界には壁は出現しない
  • バロンピットやドラゴンピットの壁際に立っているチャンピオンをタリヤのUltで生成された壁で挟むと、壁抜けする ※1
壁と壁でサンドイッチすると壁抜けする

※1:これに関しては結構実用性もあると思うのだけど、味方の立ち位置も関係してくるのにタリヤOTPしか知らないため、実際に使えるかと言われると……ちなみに、今までに1回だけこの方法を実戦で使って味方を助けた事があります。マスタリー100万越えまでプレイして、たった1回だけです(笑

あとがき

軽いノリで書き始めたら、思いのほかボリューミーな記事になってしまいました……ここまでお付き合いくださった方、お疲れさまでした。これを機会にタリヤちゃんのpick率が上がる事を祈っております。

そう、pick率が上がればタリヤの新スキンが出る!!

……はず。

たぶん

恐らく

maybe……

それでは良きLoLライフを!

「[LoL]タリヤOTPによるMid Taliyah講座。タリヤちゃん可愛いから皆も使おうよ布教」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。