APS製BlackHornetレビュー

セブンイレブンで北極ラーメンのカップ麺が売り出される時期になりましたね、おいしいので辛いもの好きな方にオススメです。
子猫2000です。

やっと写真を撮ったので、CO2版グロック18こと「APS製 BLACK HORNET」のレビューができます!
このモデルのレビューを書きたくて堪らなかったので、若干興奮気味です。
では、CO2モデルの布教になることを祈りつつ進めていきます。

目次

  1. 冬場でもガシガシ動くガスブロが欲しい
  2. 外観レビュー
  3. サバゲーでの使用感
  4. あとがき

冬場でもガシガシ動くガスブロが欲しい

以前の東京マルイ製MP5K HC 使用感レビューでチラっと書きましたが、猫さんはサバゲーでポイントマン(前衛)をしており、かつハンドガンを多用しています。
東京マルイ製のガスブロなら15m程度までなら何とか有効射程圏内となり、交戦距離自体には満足していました。しかし、ご存知のとおり冬場はガス圧低下によりガスブロはまともに作動しなくなります。連射などすれば即生ガスを噴き作動停止してしまう状態。仕方ないので冬場は固定ガスガン(SⅡS製固定スライドガスガンM9や、マルシン製M36)をメインに使用していました。

そんな折、ふと頭をよぎったのが「CO2ガスガン」の文字でした。
ブログやtwitterで交流のあるシオさんがマルシンの CO2 FN5-7 の使用感について呟いていた事を思い出し、話を伺ってみました。
同時にCO2ガスガンについてネットで調査し、欲しいモデルを絞り込みました。

当時のCO2ガスガンのモデルとしては下記がありました。

  • M1911
  • Cz75 2ndVer
  • グロック17タイプ
  • グロック18タイプ
  • FN5-7

FN5-7のみ国内メーカーであるマルシン工業製、他は全て海外製モデルでした。
海外製モデルなら……ということで、以前にもICS製電動M16などを購入したことのあるガンスミスバトンさんを覗いたところCO2版グロック17タイプとグロック18タイプのモデルを販売していました。
選択肢は3択でした

  • CO2版グロック17こと「APS製DragonFly」
  • CO2版グロック18こと「APS製BlackHornet」
  • 「APS製BlackHornet」と同社のグロックカービンキットの抱き合わせ販売

ただし、猫さんが購入を検討していたときは「APS製BlackHornet」のみ売り切れになっていました。
そのため、選択肢は2択。
単発射のみの「APS製DragonFly」か、連射もできる「APS製BlackHornet」か……
悩んだ末に「APS製BlackHornet」と同社のグロックカービンキットの抱き合わせ販売を選択しました。

外観レビュー


「APS製BlackHornet」と同社のグロックカービンキットのセットを購入した猫さんでしたが、いざ使うと結局カービンキットはあまり使わずに「APS製BlackHornet」単体で使うことが多くなりました。

カービンキットは若干すり合わせが必要でしたが、各社グロック17や18に対応するパーツが同梱されていました。
同社製品なのに、すり合わせが必要っておかしいのでは……?
この辺は海外メーカー感を感じましたが、おおむね使用感は良好で、CO2グロックの反動が強烈なこともあり、ストックを通して肩に衝撃が伝わるのは非常に楽しかったです。しかし、サバゲーで使っていると「ストックなんていらんのや!」となり、結局ハンドガンのみでの運用になる始末。気づいたらカービンキットは使用しなくなっていました。
ということもあり、「APS製BlackHornet」本体のレビューをメインに進めていきます。


スライド前方には溝が入っており、前方部分をつかんでのスライド操作も行いやすいです。
また、金属製のアウターバレルにはネジが切ってあり、オプション品のマズルアダプターが装着可能です。
マズルアダプターを装着した場合、14mm逆ネジ仕様となり、多様なサプレッサー類の装着が可能となります。


猫さんは東京マルイ製のショートサプレッサーを装着して使用していましたが、強くねじ込みすぎてマズルアダプターが外れなくなってしまいました。皆さんも締めこみすぎには注意しましょう。
この「APS製BlackHornet」は銃声が非常に大きくサバゲーフィールドで撃っていると周囲から「おぉっ!?」と歓声があがることもありました。
サプレッサーをつけると音が変化し、破裂音の甲高い部分が緩和されて低めの音に変化します。しかし、発射音の大きさはあまり変化していないため、サバゲーでの隠密効果は期待できないでしょう。


セーフティはグロック特有のトリガーセーフティーではなく、ショットガンのような左右押し込みボタン方式。出っ張りが右側に出ている状態でロックがかかりトリガーが引けなくなります。


出っ張りが左側に出た状態がセーフティー解除。射撃可能になります。
個人的にはグロックのトリガーセーフティーの方が好みなので、これは減点ポイント。
トリガーパーツを換装し、フレーム側の穴をパテで埋めるなどしてやれば変更は可能でしょうが、正直だいぶ手間がかかるのでヤル気は起きていません。


スライド後方には「THE BLACK HORNET」の文字と、セミフル切り替えセレクターがあります。
セレクターは後方にずらした状態がセミオート(単発)、前方にずらした状態がフルオート(連発)となります。
スライド操作をする場合、無意識にセレクターに手が触れてしまい、フルオートのつもりがセミオートになっていたことが数回ありました。
こちらもグロック18cのようなレバーの方が良かったと思います。


スライド反対側のイジェクションポート付近には「Cal 6mm BH-XV11K 02400」の刻印があります。


反対側の全体像はこんな感じ。
こちらからみるとグロックっぽい見た目で、あまり違和感は感じません。


スライド上部には反射防止のセレーションがあり、サイティングはやりやすいです。
元々はホワイトドットのサイトでしたが、猫さんは暗闇用に反射テープをサイトに貼って使用しています。
排莢口の箇所はアウターバレルと同一パーツなので金属製ですが、商品購入時には既にこすれて塗装がはがれ金属の銀色が見えていました。
東京マルイ製のG18cと比較してみると、パーツのすり合わせが雑なように見えたので、それが原因でこすれやすいのではないかと思われます。
なお、スライドは日本仕様でプラ製になっていますが、海外では金属スライドらしいです。


ホールドオープン。
マルイとは違い金属製アウターバレルなので、質感がかっこいい。


ホールドオープンするとノズルとチャンバー部が見えます。
見てのとおりシリンダーは透明な材質で出来ています。
以前完全分解した際に確認しましたが、ガスブローバック方式は東京マルイと同一に見受けられました。


ガスの交換にはマガジン底部のフタを外し……


まず内側の銀色のネジをゆるめて、


その後、外側と内側のネジを一緒にゆるめます。

商品に付属の銀色のツールを使用してゆるめるのですが、上図のような向きで使用すると使いやすいです。注意したいのは、CO2カートリッジの交換は中身が完全に空になってからでないと行えない点です。

ガス切れを起こしても、若干ガスが残っている可能性があるので、ガス放出バルブを指で押して完全にガスが抜けきったことを確認してからマガジン底部のネジをゆるめましょう。
少しでもガスが残っているとネジを緩めた際にガスが放出され、パッキンを傷めてしまう可能性が高いです。

サバゲーでの使用感

そんなこんなで、外観の評価は個人的にはあまり良くなかった「APS製 BLACK HORNET」ですが、サバゲーで使用したところ、一気に猫さんの評価が変わりました

反動と発射音

まず特筆すべきはその反動と発射音。
まちがいなく今まで経験した中で最大です。
真夏に東京マルイのPx4を撃ったときの1.5~2倍ほどの反動がありました。どのくらい強いかというと、反動が強すぎて2発目の狙いに影響が出るレベルの反動です。
もちろんフルオートなんてしたら秒間20発近くの連射速度のため、反動が制御しきれない上、手が少し痛くなります。そして冬場でも全弾撃ち切ってホールドオープン。
「なんだこの反動は!?」
初めて撃ったときは非常に感動した覚えがあります。
更に発射音もすごいです。
CO2だからなのか、発射音がめちゃくちゃ大きいです。この音量も今まで経験した中で最大。フィールドで見かけた爆音カスタムの電動ガン並の音量です。ただし、音の質はモーター音が混ざらない分、CO2ガスブロのほうが上。大量の気体が放出される破裂音に近い銃声がします。

実射性能

そして肝心の実射性能。
いくら反動が良くても弾が明後日の方向に飛んで行ってはサバゲーでは使い物になりません。
しかし、「APS製 BLACK HORNET」は良い意味で期待を裏切りました。
「なんだこの弾道は!?」
反動と発射音に引き続き、猫さんはまたも度肝を抜かれました。
いままでハンドガンで見たことのない弾道を描いてBB弾が飛んでいったのです。そう、まさに電動ガンと同じ弾道
さすがにバレルの短さから遠距離では弾がバラけますが、30mでマンターゲット大に集弾する脅威の性能。ガスブロハンドガンの皮をかぶった小型電動ガンといったところでしょうか、この性能ならポイントマンとして使用するなら充分すぎるほどです。むしろ、ハンドガンは取り回しがしやすいので、下手に電動ガンを持つより強いとも言えます。
しかし前述の反動の強さから2発目以降の制御は非常に難易度が高いです。
「いかに反動を殺して2発目を発射するか?」
エアガン趣味を始めてから、初めてこの命題にぶちあたりました。
グリップの握り方を研究したり、構え方を研究したりする目的が生まれ、今までに無い以上サバゲーに熱中しはじめる自分がいることに気づきました。

ちなみに初速は日によって変化しますが、0.2gBB弾で85~90m/s程度で前後しています。

耐久性

ここまで実射性能・反動・発射音とすべて良いことずくめですが、1つだけ残念なことがありました。
それが耐久性です。

前述の理由より、購入直後から猫さんの相棒として連戦を続けてきた「APS製 BLACK HORNET」でしたが、2500発ほど撃ったころ突然不調になりました。
症状は「初弾は撃てるがブローバックが非常に弱く、2発目を撃つと生ガスを吹く」というものです。
しかし、1発ごとに手動でスライドをコッキングしてやると射撃には問題ないため、ブローバック後退量が不足してハンマーが起こしきれていないのではないか?と考えました。
それにより2発目を撃ったときは、スライドが中途半端に後退してしまい、マガジンのガス放出バルブを押したままになってしまうのではないか?と。

ちなみに連続でずっとこのモデルを使い続けていましたが、毎回サバゲー後にはバレルクリーニングや可動部の注油などのメンテナンスを欠かさず行っていました。
マルイ製などはメンテナンスをしなくても快調作動し続けることもあり、毎回メンテナンスをしている「APS製 BLACK HORNET」が壊れるとは思っていなかったため衝撃を受けました。


分解して調べてみると、シリンダー上部が破損していました。
バトンさんよりパーツ注文でシリンダーを取り寄せ、パーツ交換することで元通りの強烈なブローバックに戻りました。

同様の症状で交換を行う場合、ドラゴンフライとブラックホーネットでパーツが異なるので注意してください。

あとがき

圧倒的反動、弾道性能、命中精度、発射音、いいことずくめのCO2グロックこと「APS製 BLACK HORNET」ですが、唯一の欠点は耐久性能でしょう。東京マルイ製のガスガンなどは数万発撃たないと故障しないですし、たまたま今回の故障が早かっただけだとしても2500発でパーツ破損するのは少々早すぎる気がします。しかしながら、それを補って余りあるほどの性能を秘めたモデルであることに変わりは無く、猫さんは今後も相棒として愛用していくと思います。なによりも、このモデルのおかげで今まで以上にサバゲー熱が高まったというのは最大のメリットだと思います。

CO2(地球温暖化係数:1)は既存のHFC134a(地球温暖化係数:1,430)や、HFC152(地球温暖化係数:124)に比べて地球温暖化係数が圧倒的に低く、いずれ国内のガスガンもCO2へ移行していくと思われます。冬場でも安定作動し、ガス圧の安定性から弾道も安定し、強烈な反動が楽しめるCO2ガスガン。あなたも”次世代のガスガン”を体験してみてはいかがでしょうか?

もう迷わない!影色の選び方

今日は秋葉原でエアガンショップめぐりをしたせいで足が痛いです。
子猫2000です。

前回はイラスト用のペイントソフトは何を使えばいい?という記事でイラスト用ソフトについて紹介しました。
今回は猫さんが色塗りをする際にどうやって色を選んでいるか、の話をします。
色塗り講座やメイキングは多いですが、色の選び方に言及しているものってほとんど見かけない気がしますので、デジタル絵を描いていて「どうやって色を選んだらいいの!?」とお困りの方の役に立てば幸いです。

目次

  1. 目立たせたい色はRGBのいずれかを255にする
  2. 反射率高めにしたい物は山なりのカーブにする
  3. 反射率低めにしたい物は谷形のカーブにする
  4. まとめ

目立たせたい色はRGBのいずれかを255にする

まずは基本の話から。
色を使用するときは「メインカラー:サブカラー:アクセントカラー = 7:2.5:0.5」の比率で色を選ぶと、全体的にまとまりが出ます。
これは厳密にあわせる必要はないので、大体意識する程度で大丈夫です。

そして、色を塗る際には「ベースカラー」「影色」「ハイライト」などを塗っていくことになるわけですが、今回の話は「ベースカラー」についてです。
絵の中で目立たせたい部分の「ベースカラー」はRGB値のいずれかが255(MAX:パーセンテージ表示の場合100%)になるよう色を選択してください。

たとえば猫さんが今描いている途中のこの絵では、キャラクターの肌色を一番目立たせようと考えたので、肌色のRGB値が(255,235,191)となっています。

気をつけて欲しいのは、何でもかんでも255(MAX)にしないことです。
この手法は、人間の視線が自然と明るい箇所に吸い寄せられる事を利用しているので、一部だけ明るくすることで見る人の視線を誘導しています。しかし、絵全体が明るい状態だと見ている人の視線を誘導することが出来ません。明るさは暗い部分があって初めて成立するということを意識の片隅に置いておくよう心がけてください。

猫さん自身が過去にそうだったのですが、絵全体を明るくしてしまうとパっと見は綺麗に見えるのですが、絵が軽く見えてしまいます。色塗りが上手な人ほど効果的に明暗を使いこなしているので、他人のイラストを見るときに意識して「どこを暗くして、どこを明るくしているか?その意図は何か?」を考えると上達につながります。

反射率高めにしたい物は山なりのカーブにする

つぎに紹介するのは影色の選び方です。
なお、ここで紹介する影色の選び方は、レイヤー効果「通常」のまま影色を塗ることを想定しています。
乗算などで塗ってしまうと、せっかく選んだ色と違う色になってしまうので注意してください。

<肌ベース色>

というわけで、まずは反射率高めにしたい物質の影色についてです。
具体的には「肌」「髪」「金属」などです。

<色相>

色相(画像内:外側の円)を青色側にずらしつつ、

<明度(縦軸)と彩度(横軸)>

明度(画像内:内側の正方形の縦軸)を緩やかに下げながら、彩度(画像内:内側の正方形の横軸)を上げてください。

これだけです。
ね、簡単でしょ?

色相のずらし幅は自分が表現したい色によって変わります。猫さんの場合、大体ベース色と3影を比較して10~30度くらい動かすことが多いです。
ベース色を選んだ後、1影の色を選ぶ際は、特に色相のずらし幅が大きくなるように意識しています。

反射率低めにしたい物は谷形のカーブにする

続いて反射率低めにしたい物ですが、こちらは谷形のカーブを意識してください。
上述のとおり、ここで紹介する影色の選び方は、レイヤー効果「通常」のまま影色を塗ることを想定しています。
乗算などで塗ってしまうと、せっかく選んだ色と違う色になってしまうので注意してください。

<髪留めベース色>

こんどは髪留めです。
布製品だと思うので、反射率は低めになると考えました。

<色相、明度、彩度>

基本的に色を拾う際に意識する曲線の形が変わるだけで、他は一緒です。
なので、影色は青に近づけた色を選択してください。

まとめ

いかがでしたか?

  • 目立たせたい色はRGBのいずれかを255(MAX)にする
  • 影色は、反射率高めの物質なら山形カーブを意識する
  • 反射率低めの物質なら谷形カーブを意識する


以上3点を意識していただければ、色選びで迷うことは無くなるはずです。
上記の内容を参考に色塗りを楽しんでください。

次回は5分でイラストの見栄えを良くするディフュージョン効果のかけ方について紹介します。

イラスト用のペイントソフトは何を使えばいい?

ここ2~3ヶ月ほど規則正しい生活をしていた影響か、土日でも平日と同じ時間に目が覚めます。
子猫2000です。

前回は自然な落ち影の塗り方について紹介しました。今回はイラスト用ソフトについて紹介します。

いざデジタルイラストを描こうと思ったらソフトにも色々な選択肢があり、右も左も分からない状態ではどれを選べば良いのか分からなくなってしまうかと思います。
今回は猫さんが知っている範囲でイラスト用ソフトの特徴と傾向について紹介します。
参考にしつつ自分の目指している方向性のイラスト用ソフトを選んでみてください。

目次

  1. イラスト用ソフトには3種類ある
  2. 画像編集系イラストソフト
  3. ペイント系イラストソフト
  4. ベクタ系イラストソフト
  5. まとめ

イラスト用ソフトには3種類ある

いきなり見出しと違うことを言いますが、厳密にはラスタ形式とベクタ形式の2種類に分かれます。

  • ラスタ形式:画像を点(ドット)の集合で表現する
  • ベクタ形式:画像を数式の集合で表現する

ですが、初心者は上記の内容は忘れてもらって良いです。
一般的に使用するのはラスタ形式の方なので。

で、猫さんの独断と偏見でイラスト用ソフトを分類すると、大まかに3種類に分かれます。

  • 画像編集系イラストソフト
  • ペイント系イラストソフト
  • ベクタ系イラストソフト


上記2種類がラスタ形式で、3つ目は文字通りベクタ形式です。

画像編集系イラストソフト

  • Photoshop
  • GIMP


「フォトショップ」という単語は一般の方にも聞き覚えがあるんじゃないかと思います。そうです、あのフォトショップです。
これら画像編集系のソフトは写真などの編集を行うのが本来の目的ですが、一部イラストレーターなどは色塗りの段階で好んで使用するようです。特徴は「使用難易度が高め」「色調補正や元画像を元にした編集が高機能」という辺りかと思います。
ちなみにフォトショップはお値段もとても高いですが、GIMPは無料です。ただし、使用難易度という観点から見ると両者ともハードルが高いと感じました。
正直イラスト中級者以上になってから使用を考えれば良いのではないかと思います。

ペイント系イラストソフト

  • SAI
  • CLIP STUDIO PAINT
  • FireAlpaca


続いて紹介するのは本命のペイント系イラストソフトです。
Windows標準で「ペイント」というソフトが入っていますが、アレの機能拡張版と捉えていただければ大体合っています。
デジタルイラストを描く場合、一般的にはこれらのソフトを使うことになると思います。
それぞれの特徴について軽く触れていきます。

まず“SAI”について。
おそらく日本のイラスト業界で圧倒的シェアを誇るSAIの特徴は「軽快な線画作業」だと思います。レイヤーの種類もイラストに必要なものは大抵そろえていますが、「ガウスぼかし」などの特殊効果に使用する機能は不足しがちです。「みんなが使っているソフトが良い!」という方は、とりあえず”SAI”を使っておけば良いでしょう。

次に“CLIP STUDIO PAINT”について。
こちらは「ブラシやユーザーを補助する機能が豊富」です。SAIよりも使用ユーザーは少ないと思われますが、その便利さから根強いファンが多いです。前身は「Illust Studio」と「ComicStudio」というソフトの2種類で、それぞれの特徴を受け継いでいるため、漫画製作を行う方に特にオススメです。

最後に“FireAlpaca”について。
こちらは系統としてはSAIに近いですが、特殊効果に使用する機能などが比較的多く、代わりに線画関連の機能が比較的少ないイメージです。驚くべきは有料製品レベルのクオリティなのに「フリーソフト」ということです。起動時に広告ウィンドウが表示されますが、たったそれだけ。「使用中に広告が出てきて邪魔!」なんてことはありません。線画作業より色塗りに重点をおきたい場合はFireAlpacaをオススメします。

ベクタ系イラストソフト

  • Illustrator


最後に紹介するのはベクタ系イラストソフトです。
といっても、あまり詳しくないですが……
特徴は「慣れると作業速度がめちゃくちゃ速くなる」「画像サイズを変えても劣化が起こらない」という辺りかと思います。最近有名な「いらすとや」はこの形式のソフトを使っているんじゃないかと言われていたりします。

まとめ

イラスト初心者はとりあえずFireAlpaca使えばいいです(暴論
それはまぁ言いすぎだとしても、無料なのに有料製品レベルのクオリティなので、とりあえず使ってみると良いと思います。そのほかの有料ソフトも無料体験版が存在したりしますので、「いや、私はFireAlpacaじゃなくてSAIが良い!」という人は、まず体験版を使用してみると良いと思います。SAIやCLIP STUDIOはお値段も良心的ですし、体験版で気に入ったらとりあえず買ってしまって良いと思います。
だが、フォトショップお前はダメだ()
学生の場合、フォトショップを通常よりかなり安く購入できるプランがあったりしますので、「もうすぐ学生じゃなくなるー!」という方は購入を検討するのも良いかもしれません。(でもやっぱり高いです

あなた好みのソフトは見つかりましたか?
少しでもイラストソフト選択の参考になれば幸いです。

次回はもう迷わない!影色の選び方について紹介します。

初めてのサバゲーに参加する前に知りたい8つの事

金曜の夜なのでテンションが高くなっています。
子猫2000です。

今回は初めてのサバゲーに参加する人向けの紹介記事を書こうと思います。
対象読者は「会社の同僚にサバゲーに誘われたけど、分からないことだらけだよ~」という人や、「友達にサバゲーに誘われたけど、どんな遊びなの?」という人です。

目次

  1. サバイバルゲームってどんな遊びなの?
  2. 最低限必要なもの
  3. あると便利なもの
  4. ルールとマナー
  5. 銃の基本的な構え方
  6. 当たると痛い?
  7. 弾はどのくらい飛ぶの?
  8. 1回参加するのに予算はどのくらいかかる?
  9. あとがき

サバイバルゲームってどんな遊びなの?

「テレビの特集なんかでチラっと見聞きはしているけれど、結局どういう遊びなの?」
世間一般のサバイバルゲーム(略してサバゲー)への理解は恐らくこの程度だと思います。
けれど、ここ数年間プレイヤー人口は右肩上がり(猫さん調べ)な事もあり、知り合いから誘われる機会もあると思います。

まず、基本的なルールは簡単です。
BB弾をエアガンで撃ちあって、当たったらヒット(ゲームオーバー)となりフィールドから退場する。
これが大前提となるルールで、「サッカーで手を使ったらいけない」みたいな一番基本となる部分です。

実際の試合では、この「BB弾に当たったらヒット」という前提を元に、シューティングゲーム(FPSやTPS)にあるような色々なルールのゲームをします。
つまりは、リアルに体を動かすFPSだと思っていただければ良いです。
ゲーマーじゃない人には上記の説明だと通じないかもしれないので言い換えると、「子供がやる戦争ごっこの延長みたいなもの」です。

どうしても誤解されがちなので書いておきますが、「実際に戦争がしたいわけではない」ので間違えないで下さい。平和だからこそ出来るスポーツです。

サバイバルゲームは専用のフィールドに行ってプレイします。
色々と歴史があり千葉県が聖地(フィールド数が多い)となっています。
誰かに誘われて初参加する場合、恐らく行き先のフィールドは決まっていると思うので、フィールド選択については省略します。
もしサバゲーが気に入って、一人でも行ってみたいとなった場合は「サバゲー 関東 定例会」などで検索して、自分がいける範囲のフィールドから定例会(フィールド主催のゲーム)を行っている日付などを調べてみてください。

初めて参加する場合の敷居は低いですが、上達を目指すとチームプレーや個人の技量など奥が深い趣味です。
この記事を読んでいる方は未経験だと思うので、その点は深く考えなくて大丈夫です。
大人になると日常的に思いっきり体を動かすことが減るので、全力で体を動かして”ごっこ遊び”するのは楽しいですよ。

最低限必要なもの

それでは、ゲームに参加するために最低限必要なものについて紹介します。

  • フェイスマスク(ゴーグル)
  • BB弾
  • バッテリー or ガス

意外と少ないですね。
最低限必要なものとなるとコレだけです。
銃を動かすためにバッテリーやガスが必要になり、撃ちだすBB弾も勿論必要になります。そして、サバイバルゲームフィールドでは参加するための必須条件として「フェイスマスク(フィールドによってはゴーグルのみでも可)」の着用を義務付けています。というのは、エアガンは玩具といっても実際にBB弾を高速で撃ちだすため、目に直撃した場合など危険が生じるためです。最悪の場合失明の可能性もあるので、それを防ぐためにもフェイスマスクやゴーグルの着用を義務付けているのです。

上記にあげた必須物はフィールドでレンタルサービス(有料)を行っているので、初参加の際はいきなり購入するのではなく、レンタルすることをオススメします。(せっかく買ったのにサバゲーが気に入らなくて1回しか使わなかったら勿体無いので)
もし初参加した結果、サバゲーが気に入った場合は、是非自分用の装備を購入することをオススメします。

あると便利なもの

さて、最低限必要なものは前述のとおりですが、あると便利なものというのも多々あります。
中には個人的には必須だと思うものもあるので、それらについても紹介します。

個人的に必須だと思うもの

  • 軍手や厚手のグローブ
  • 耳を隠せる何か(スカーフやニット帽など)
  • 首を隠せる何か(スカーフやハイネックシャツなど)
  • 長袖長ズボン

上記のアイテムの共通点は「防御力を高めること」にあります。
エアガンは玩具です。けれど当たるとやっぱり痛いです。
なので、「長袖長ズボン」で素肌の露出を減らし、「軍手」や「スカーフ」などで特に痛い「指」や「耳」、「首」などを守ります。たったの布1枚ですが、あると無いでは大違いです。個人的には必須アイテムなので、是非(※夏でも)持っていっていただきたいです。

無くても困らないけど、あると便利なもの

つぎに無くても困らないけど、あると便利なものについて書こう……と思いましたが、ぶっちゃけ初心者向けの内容じゃなくなる気がしたのでやめます。一回やってみてサバゲーが気に入った場合に装備を増やせばいいので、後で考えましょう。
冬場でも汗拭き用のタオルとか、肌着の代えとか、もっていくと良いよ!
冬でも普通に汗かくから!!
とだけ言っておきます。

ルールとマナー

冒頭でチラっと書きましたが、サバゲーの基本ルールは「BB弾に当たったらヒット(退場)」です。
空中にある弾に当たったら「ヒットーーー!!」と大声をあげて、両腕を上げて、相手に自分がヒット済みであることがわかるようにしてください。これが分かりづらいと、既にヒットされたのに更に撃たれます。痛いです。
痛いのは嫌ですよね?
自分の身を守るためにもヒットコール(とアピール)は大げさなくらいに行いましょう。

また、当たり前ですが暴言や悪態は禁止です。
場の空気を悪くするだけでなく、揉め事の原因になります。当たり前ですね。
たいていのフィールドでは問題行動を起こした場合、出禁処分になります。
相手も人間であるという意識のもと、思いやりを持った言動をとるようにしてください。
サバゲーはヒットコールが自己申告制であることもあり、負けを潔く負けと認める大人の余裕が求められる遊びです。あなたの紳士(淑女)力を存分に発揮して1日を楽しく過ごしましょう。

最後にサバゲーにおいて最もタブー視される「ゾンビ行為」について。
ゾンビって知ってますよね?
死体が歩き出すアレです。

サバゲーで「ゾンビ行為」や「ゾンビ」と言う場合、「ヒットしているのにヒットしていないフリをして、ゲームを続行すること」を言います。もちろん遠距離の気づいていない方角から弾が飛んできたりすると、「純粋に当たったことに気づかない」可能性もありますが、基本的に「痛かろうが、痛くなかろうが、自分が認識している範囲で空中に位置しているBB弾に当たったらヒットコールをする」ということだけ守っていただければ大丈夫です。
わざわざ”空中に位置している”と書いたのは、「壁に当たって跳ね返ったBB弾」(跳弾と言います)に当たった場合も一般的にはヒットとなるからです。
(一部フィールドでは跳弾はセーフとするフィールドもあります。当日のフィールドでのルール説明を優先してください。)

「ゾンビ行為」を行うと、やっぱり出禁になります。まぁ当たり前ですね。
「自分はわざとそんなことしないから大丈夫」と思っている方も、いざ試合中になるとアドレナリンが大量に出て体全体への意識が薄くなるので、気を引き締めて「ゾンビ行為」を行わないように気をつけてください。

銃の基本的な構え方


を書こうかと思ったのですが、初心者向けじゃなくなる気がしたのでやめておきます。
やっぱり書きます。構え方について全て書くと長いので、基本中の基本であるサイティングについてのみ記載します。

まずココで言う「サイティング」とは銃で対象を狙う事を指しています。
サバゲーでサイティングを行う場合、大きく分けて3種類の方法がありますので、その3種類を紹介します。
※実際には他にもレーザーサイトやホロサイトなどもありますが、レーザーサイトは禁止されているフィールドが多い事や、ホロサイトは値段がとても高いので使用する機会が無いであろう事などを理由に省略します。

スコープ

ゲームをやる人だと知っている方も多いと思いますが、レンズに倍率がついていて遠距離の物がズームされて見える光学照準器です。ゲームだと、よくスナイパーライフルなどに乗っていますよね。正式名称は「テレスコピックサイト」と言うそうです。
覗くとレンズに十字線が入っていますので、その中心に目標を合わせて射撃します。

実際には遠距離では重力や風による弾道のズレが生じるため、弾着地点を確認しつつ2発目以降の狙点をずらして使用します。構え方がずれると着弾地点がずれたりするため、スコープは中級者以上向きの照準器だと思います。

ドットサイト

続いてドットサイトです。こちらもゲームをやる人だと馴染み深いと思います。
個人的にはドットサイトが一番初心者向きだと思います。
こちらはスコープとは違ってレンズに倍率がついていないので、裸眼で見た場合と同様の景色が見えます。覗き込むと、レンズに反射した赤や緑色のドット(点)が空中に浮いて見えますので、それを目標に合わせて射撃します。

よく初心者が間違うポイントなのですが、ドットサイトは両目を開いたままで使用します。これは視界を広く取ることが目的です。ためしに片目をつぶった状態と、両目を開いた状態で比較してみると、視界の広さの違いが良く分かると思います。

アイアンサイト

最後にアイアンサイトです。初心者が使い方を間違う可能性が一番高い照準器です。
先述のドットサイトやスコープはレンズを覗いたら直感的に使い方が分かりますが、アイアンサイトは使用方法を知らない場合に、使い方が分かりづらいのでしょう。
アイアンサイトはフロントサイト(銃の前方)とリアサイト(銃の後方)の2つがセットで照準器として機能します。メリットはバッテリー要らず、光学照準器より壊れづらい、光学照準器より銃を軽く出来る、などです。
銃そのものに標準でついている場合が多いので、フィールドでレンタルした場合などはアイアンサイトを使うことになる可能性が高いです。

使い方を知ってしまえば簡単で、フロントサイトとリアサイトを合わせた箇所を目標に合わせて射撃するだけです。

銃によって形状が色々あるので、その辺りは臨機応変に使い分けてください。

当たると痛い?

相手が使用しているエアガンの性能にもよりますが、おおむね20m~30mくらいまでは痛いです。
といっても、採血を死ぬほど嫌がる猫さんが耐えれるレベルの痛みです。
一瞬痛いけど、すぐ痛くなくなる感じです。

ただし、10m以内のような至近距離で肌を直接撃たれると内出血してアザになる程度には痛いです。
最初は前線よりも、後衛寄りの動きをして、慣れてきたら自分の行ってみたいポジションに行くと良いでしょう。右も左も分からない状態で前線にいくと痛い思いだけする可能性があるので、あまりオススメしません。

弾はどのくらい飛ぶの?

こちらも使用するエアガンの性能で変わりますが、レンタル銃に多いであろう電動ガンなら30m~40m程度が射程の限界だと思います。
エアガンにも色々な種類がありますが、エアガン全体で見た場合、最長射程は60m程度です。
(60m辺りまで飛ぶエアガンは、相当カスタムしてる物です。)
なぜ射程の限界があるかというと、日本の法律で威力が制限されているからです。
裏を返せば安全な威力のエアガンしか使用できないということです。

先ほど最長射程として60mと挙げましたが、ぶっちゃけそこまでの距離は狙えません。
まともに狙える距離は30~40m程度です。
その距離ですら、着弾するまでにタイムラグが大分あり、弾が到着する頃にはマ○リックスできる状態になっています。
これは弾に回転を与える”ホップアップ”という技術のおかげで遠くまで届いているだけで、実際の銃弾のように威力をあげて距離を飛ばしているわけではないからです。つまり、遠距離では当たっても痛くないです。(でも当たったらヒットコールしてくださいね)

1回参加するのに予算はどのくらいかかる?

未経験者にとっては、コレが一番知りたいところかもしれません。
猫さんは数十回サバゲーに参加していますが、今のところサバゲー参加費以外に、食費や移動費なども全て込みで1万円を超えたことはないです。
サバゲーの参加費が大体2500円~4500円程度で、お昼代が500円~1000円、移動費が2000~3000円程度、という感じです。
そのほかに、銃や装備のレンタル代などがあった場合1000円~2500円くらいです。
サバゲーの参加費は大体3000円前後なので、レンタルを含めても1万円あれば足りるかと思います。

あとがき

初めてのサバゲーに向けてイメージは沸いたでしょうか?
サバゲープレイヤーについて、見た目や格好から”怖い人”とイメージを持たれているかもしれませんが、”自己申告制の退場:ヒットコール”というゲームの性質上、話してみると気さくで紳士(淑女)な方が多いです。もし当日分からないことなどがあれば質問してみてください。きっと親切に答えてくださると思います。
それでは、あなたが初めてのサバゲーを楽しめることを(更にサバゲーが気に入ることを)祈りつつ、今回は締めようと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

※当日は最初にルールや注意事項についての説明があると思いますので、そちらの説明内容と矛盾する部分があった場合、当日の説明内容を優先してください。

ヒゲドライバー作詞作曲のアニソン一覧

今日はブログの方向性をガン無視した内容です。
基本的にアニソンしか聞かず、特定の好きなアーティストもいない猫さんですが、唯一好きな「ヒゲドライバー」という作詞作曲家がいます。その人が作詞作曲したアニソンが大好きなので、自分のiTunesに漏れなく曲を入れるために一覧を作ってみました。見ていない作品の曲も調べて記載していますので、もしかするとアニソンではない曲も混じっているかもしれません。ご了承下さい。
……ぇ?この一覧は誰得だって?もちろん私得です(キッパリ
猫さんは特にピコピコした感じとか、騒がしい感じのが好きなのですが、誰かの役に立つ可能性は果てしなく低そうだと思いつつ、特にオススメの曲に★マークつけておきます。
当たり前ですけど、ちゃんと購入して聞いてくださいね。

※最終更新日は2018/07/19です。

目次

  1. 作詞と作曲がともにヒゲドライバーの曲
  2. 作曲のみヒゲドライバーの曲
  3. 作詞のみヒゲドライバーの曲
  4. ヒゲドライバー所属グループ Heart’s Cry の曲

作詞と作曲がともにヒゲドライバーの曲

回レ!雪月花

歌手:歌組雪月花(夜々(原田ひとみ)/いろり(茅野愛衣)/小紫(小倉唯))
★猫さんオススメ

Wishing

歌手:レム(CV:水瀬いのり)

ウラオモテ・フォーチュン

歌手:佐倉千代(CV:小澤亜李)

最高速Fall in Love

歌手:ミーア(雨宮天)/パピ(小澤亜李)/セントレア(相川奈都姫)/スー(野村真悠華)/メロ(山崎はるか)/ラクネラ(中村桜)
★猫さんオススメ

Overdrive

歌手:原田ひとみ

Blow out

歌手:鈴木このみ

夢見サンライズ

歌手:歌組雪月花(夜々(原田ひとみ)/いろり(茅野愛衣)/小紫(小倉唯))

アルペジオ

歌手:Blue Steels

蒼き空の下で

歌手:Blue Steels

ココロ=ハレーション

歌手:歌組雪月花(夜々(原田ひとみ)/いろり(茅野愛衣)/小紫(小倉唯))
★猫さんオススメ

CONTINUE…?

歌手:涼風青葉(CV:高田憂希)

Shake!

歌手:fourfolium(涼風青葉(CV:高田憂希),滝本ひふみ(CV:山口愛),篠田はじめ(CV:戸田めぐみ),飯島ゆん(CV:竹尾歩美))

きっとワンダフォー!

歌手:澄原サトカ(CV:日高里菜)&菜森まな(CV:小倉唯)

Da-Da-Dash!

歌手:ミーア(雨宮天)/パピ(小澤亜李)/セントレア(相川奈都姫)/スー(野村真悠華)/メロ(山崎はるか)/ラクネラ(中村桜)
★猫さんオススメ

Oh No, Oh No

歌手:原田ひとみ

変わらない場所

歌手:Blue Steels

Sunday

歌手:平野綾

エガオマニア

歌手:Blue Steels

始まりの終わり

歌手:Blue Steels

激ヤバ∞ボッカーン!!

歌手:妄想キャリブレーション

終末のソナタ

歌手:TeamAA〈間宮あかり(佐倉綾音)×神崎・H・アリア(釘宮理恵)〉

トレモロ

歌手:マヤ(MAKO)

魔法の歌

歌手:島麒麟(CV:悠木碧)

I WILL

歌手:東山奈央

アニメを語レ!~アニメガタリ同好会のテーマ~

歌手:水瀬いのり、伊波杏樹
★猫さんオススメ

あんきら!?狂騒曲

歌手:双葉杏(五十嵐裕美),諸星きらり(松嵜麗)

うまるん体操

歌手:妹S(シスターズ) [土間うまる(CV.田中あいみ)/海老名菜々(CV.影山 灯)/ 本場切絵(CV.白石晴香)/橘・シルフィンフォード(CV.古川由利奈)]
★猫さんオススメ

最先端△ガール

歌手:上坂すみれ

鎮魂の夜想曲

歌手:衛藤 可奈美(CV:本渡 楓)

Green Leaves

歌手:涼風 青葉(CV:高田 憂希)

Melodic Aster*

歌手:鹿乃

作曲のみヒゲドライバーの曲

Pieces of Treasure

歌手:福山潤/代永翼
作詞:稲葉エミ

YELLOW

歌手:Le☆S☆Ca
作詞:SATSUKI-UPDATE

Snow in “I love you”

歌手:777☆SISTERS
作詞:カナボシ☆ツクモ

ワタシConnect*

歌手:滝本ひふみ(CV:山口愛)
作詞:KOCHO
★猫さんオススメ

ぱじゃまParty

歌手:とりぷるふぃーりんぐ(和久井優/金澤まい/今村彩夏)
作詞:ミズノゲンキ

THERE IS A REASON

歌手:鈴木 このみ
作詞:岩里 祐穂

作詞のみヒゲドライバーの曲

孤独な森のメロディー

歌手:森の音楽家クラムベリー(CV:緒方恵美)
作曲:baker

Chain the world

歌手:東山奈央
作曲:Powerless

Dearest Wish

歌手:相羽六(東山奈央)
作曲:baker

Blazing nova

歌手:タカオ(沼倉愛美)×イオナ(渕上舞)
作曲:WEST GROUND

ヒゲドライバー所属グループ Heart’s Cry の曲

Stay Alive

歌手:エミリア(CV:高橋李依)

ブルー・フィールド

歌手:Trident
★猫さんオススメ

戦線のリアリズム

歌手:新菜まこ

Purest Blue

歌手:Trident

Blue Snow

歌手:Trident

True Destiny

歌手:東山奈央

Blue Sky

歌手:Trident

Blue Destiny

歌手:Trident

Starlight

歌手:イオナ(渕上舞)

Lovely Blue

歌手:Trident

惑星の唄

歌手:藍井エイル

Sentimental Blue

歌手:Trident

最高速ドッペルちゃん

歌手:ドッペル(CV:大西沙織)

Sweet Erorr

歌手:ハルナ(山村響)

花ノウタ

歌手:スー(野村真悠華)

Starry Night

歌手:イオナ(渕上舞)

Words

歌手:ハルナ(山村響)

ブルー・フィールド~Finale~

歌手:Trident

BLUE

歌手:Trident

Blue Rain

歌手:Trident

Blue Moon

歌手:Trident

Bright Heart

歌手:東山奈央

東京マルイ製MP5K HC 使用感レビュー

連日35度超えと真夏状態でバテています。
子猫2000です。

今日は既に散々レビューされているであろう電動ガン「東京マルイ製 MP5K HC」の使用感レビューでもしようかと思います。
なぜ”使用感レビュー”かと言うと、もう手元に無いからです
使わなくなったので友達に譲り、今は手元には残っていません。なので今回は写真も無しです。外観レビューとか見たい人は他サイトを見てください。既に散々レビューされてますし(投げやり

目次

  1. 猫さんがMP5K HCに行き着くまでの話
  2. サバゲーでの使用感
  3. まとめ

猫さんがMP5K HCに行き着くまでの話

現在のサバゲーでの主力といえば電動ガン。
猫さんも平均月1回程度とは言え、サバゲーに参加する身なので勿論電動ガンを持っています。
今はもうギアクラッシュしてしまい動かない東京マルイのステアーAUGが初めて購入した電動ガンでした。当時はまだエアガンに関する知識もほぼ皆無でした。

その直後に続けて購入した東京マルイ製MP5A5。
ステアーAUG同様に、ゲームで使用していて愛着のあるモデルでした。
どちらも非常に良いモデルでしたが、当時の猫さんは身長約170cmに対して体重が約45kgという骨と皮状態。
ステアーAUGは少しばかり重かったです。

その後フルメタルのM16や、次世代電動ガンであるMk16(SCAR-L)なども「モデルが好きだから」という理由で購入するものの、やっぱり筋力不足でサバゲーに持っていっても午前中で使用を中止してしまう始末。そして午後からはハンドガンのみで参戦していました。

意図したわけではないけれど、気づいたらポイントマン(前衛)ポジションになりつつあったプレイスタイルに合わせて、使用するエアガンも「より小さく」「より軽い」ものを求めていきました。
そして行き着いた先が「東京マルイ製MP5K HC」でした。
(ちなみにこれが猫さんの初めてのハイサイクルモデルでした。)

サバゲーでの使用感

そんなこんなで行き着いた MP5K HC でしたが、残念ながら猫さんの好みに合いませんでした。
結論から言って
強すぎました

この銃に行き着く頃にはサバゲーの経験数も増えて、バイトの影響で筋肉も少しだけ増えた(なんと10kgの増量に成功)猫さんですが、購入直後の初めての室内サバゲーで自分でも信じられない体験をします。
「なんか自分がヒットされるまでに、2~3人ヒット取れるんですけど!?」
はい、自慢しました、ごめんなさい
誤解なきように書きますと、普段の猫さんのキルレ(KDレート?)は0.5以下です。
そりゃまぁマルシンのXカートリボルバーM36で参戦していれば致し方ないとも言えます。
もちろん、東京マルイのガスブロなども使ったりしますが、それでもレートは1を超えません。
……ぇ?電動ガン使え?
ごめんなさい、午前中は少し使うんですが気づくとハンドガンだけになっt(ry

その点、MP5Kは違いました。
1日中持っていられます。
軽いです!
小さいです!
疲れづらいです!!

猫さんは気づいてしまいました。
「軽くて小さいってすばらしい」と。

先述のとおり前衛ポジションに突っ走っていく猫さんのスタイルと、このモデルは非常にマッチしていました。
軽くて小さいので、バリケードから身を乗り出すのも素早くなるし、長時間つかっても疲れづらいので開幕ダッシュも沢山できます。
まさにポイントマン向きの電動ガンというわけです。

さらに驚くべきは射撃時の弾道。
初めてハイサイクルモデルを撃ったので弾道の美しさに非常に驚いたのを覚えています。
まさに1本のラインが敵に向かって伸びる感覚。
連射速度が非常に速いのでBB弾が連なって1本の線として見えるのです。
「なにこれ、しゅごぃぃぃぃ!!」
猫さんはまたも感動しました。

しかし、ここにきて猫さんは気づいてしまいます。
「これ……強すぎるな……」

猫さんの中でサバゲーは純粋に勝利を目指すスポーツでありつつも、ごっこ遊び(ロールプレイング)的部分もあります。ゲームをしていても1回でクリアできる簡単な難易度よりも、何回もリトライするような難易度を好む猫さんです。正直「強すぎる」と感じました。

特に気に入らなかったのは2点。

まず、きちんと構えなくても敵に当たること。
先述のとおり、物凄い連射速度のため、BB弾がビームのように1本の線として伸びていきます。
すると、きちんと銃を構えられていない(サイティングできていない)状態でも弾道を見ながら「ビームで薙ぎ払う」ように動かすことで、着弾させられるのです。
これはきちんと構えられない初心者にはメリットとなると思いますが、猫さんの「ごっこ遊び」的側面から見るとデメリットでした。
やはり、ロールプレイングするにはサイティングしないと当たらないくらいが丁度良いです。
じゃあそれまでトリガーを引かなければ良いじゃないか、と思うのですが、残念ながら試合中はアドレナリンどばどば出てるので、そんな悠長なことはしていられませんでした。
敵が見えたら反射的にトリガーを引き、無意識のままビームで薙ぎ払うように弾道修正し、ヒットを取ってから「あ、ちゃんと構えれなかった……」となっていました。

もうひとつ気に入らなかったのは、ストックが無いこと。
上記の「きちんと構えなくても敵にあたること」に関連していますが、ストックが無いことで「しっかり構えてから撃つ」という意識が抜け落ち気味でした。
また、ストックがないことで「長物を使っている気分に浸れない」点も猫さん的にはデメリットでした。
MP5Kなら1点スリングで体から突き放すように構えるのが一般的だとは思いますが、個人的にはどうしてもその構えは好きになれませんでした。
「なんか構えてる感じがしない……うーん……」

その後、屋外のサバゲーフィールドでも使用し、またも普段より圧倒的に良い結果を出せたのですが、猫さんの中の違和感は消えないままでした。
そして気づいたら箱の中に入れたまま……

実射性能は東京マルイなこともあり申し分なく、前述のビーム弾道も相まって、ストックがなくても20m程度は必中距離でした。
また、ハイサイクルモデル特有のトリガーレスポンス(トリガーを引いてから弾が出るまでの速さ)も非常に良く、
日ごろガスガン(トリガーレスポンスが非常に良い)を使用している猫さんが使用しても、発射までのタイムラグで違和感はほぼ感じませんでした。
セミオート(単発射)のみが多い室内フィールドなどでは、このトリガーレスポンスの良さが特に際立ち、非常に強力な相棒となってくれます。

まとめ

色々書いてますが、このモデルの性能だけを見るなら満点評価だと思います。
ですが、猫さんのように「勝利以外の何か」も大事にしている方の場合、そのハイスペックが仇となり満足できないモデルとなってしまうかもしれません。
なんといっても「強すぎる」。これに尽きます。
逆に、サバゲー初心者には非常にオススメできるモデルであるとも言えます。重量も軽いので女性や、猫さんのような非力系男子も安心して使えます。もちろん遠距離になってくると、バレルの短さから弾がバラけだすので、あくまで前衛用の最強電動ガンだと思います。

以上。
東京マルイ製 MP5K HC は
「重い銃は持てないけど、1日中走り回りたい!」
そんなあなたにオススメです。

自然な落ち影の塗り方

普段は引きこもっているのに、2日連続で登山とサバゲーなんてしたせいか風邪をひきました。
子猫2000です。

お絵かき未経験者向けの話もまだまだ続くんですが、いつまで経っても技術的な話に入れないので、
今日はイラストの技術的な話をします。
今回の対象読者は既にお絵かきをしていて、色塗りのコツを知りたい初心者です。

なお、解説手順は猫さんが愛用しているフリーのお絵かきソフト”FireAlpaca”の画面で進めていきますが、
一般的なイラスト用ソフトなら同様のことが出来ると思います。

目次

  1. 落ち影の塗りについて
  2. 作業手順
  3. ベタ塗りとの比較

落ち影の塗りについて

というわけで記念すべき1回目のお絵かきの技術講座は落ち影の塗りについてです。
今回紹介する落ち影の塗りは、パッと見だと何が違うのか気づかないけれど、
スポイトで色を拾ってみると何が違っていたのか判明するタイプの技術です。
使用することによるメリットは「絵が重くならずにメリハリをつけられる事(明るく見える)」です。

といっても、何をやっているか分かってしまえば単純です。
ただのグラデーションです。
影の境界線付近は色を暗くして、境界線から遠い箇所の影は明るくする。
今回紹介するのはそんな塗り方です。

作業手順

それでは具体的な作業に入っていきましょう。
今回はちょうど描きかけの絵があったので、そちらの画面を使用して「白目」の部分に瞼(まぶた)の落ち影を塗っていきます。


まずレイヤー構成はこんな感じです。
ベースに白目を塗る範囲だけ塗ってあるベース色のレイヤー(画像内名称:”白目”)
ベース色レイヤーの上に1影(1つめの影の意味です)用のレイヤー(画像内名称:”1″)
が配置してあります。
画像には写っていませんが、既にベース色も、1影も塗ってあります。


そこに2影用の新規レイヤーを追加します。
(レイヤーウィンドウの左下から新規追加できます。)
2影用のレイヤーを追加したら、ブレンド方法を「乗算」にして、
「クリッピング」にチェックを入れてください。


2影用のレイヤーを追加したら、今度は1影レイヤーのクリッピングを解除します。
今回の猫さんが描いた画像のように、1影が白目のベースからはみ出すように塗っていた場合、はみ出した状態になるはずです。


それでは2影を塗っていきます。
ブラシはFireAlpacaに標準で付属している「エアブラシ」で、
ブラシコントロールから濃度(2本あるバーのうち下側のバー)を5パーセント程度にしてください。
ブラシサイズはキャンバスサイズによって必要な数値が変わってしまうので、
数値ではなく画像内のブラシサイズと1影(白目の上方の灰色に塗ってある部分)のサイズ比を参考に、適当な値になるよう調整してください。
具体的には2影として塗りたい範囲の縦と横の長さのうち、より短い側(今回なら目の影なので、縦幅が短い)の長さより気持ち少し大きめの筆のサイズが良いです。


ブラシ設定ができたら画像の赤枠で囲ったあたり(影の境界線)を3回ほど軽くこする感じで塗りましょう。
塗り終わったら、まずは2影レイヤーを1影レイヤーに結合します。

2影レイヤーを選択した状態で、画像のボタンを押すと1影レイヤーに結合されます。

結合できたら、1影レイヤーの「クリッピング」に再度チェックを入れます。

はい、完成!!
ね、簡単でしょ!!

ベタ塗りとの比較


正直ぱっと見ただけだと気づかないと思いますが、スポイトで色を拾ってみると違いは明らか。
落ち影(なにかで光が遮られてできる影)をこの方法で塗ると、
絵全体としての明るさを落とさないまま、色の幅を増やしつつ、メリハリをつける事が出来ます。
つまりは猫さんが大好きな「オーバーレイ」というレイヤー効果と非常に相性が良いわけです。

以上で今回の内容は終了です。
落ち影をグラデーションにする塗り方、是非使ってみてください。

次回はイラスト用のペイントソフトは何を使えばいい?です。

描いた絵は全て残しておこう

前回の「どんな方法で絵を描くか」から引き続きイラストの話を書いていきます。
本日はタイトルのとおり
「描いた絵は(失敗作も含めて)全て残しておこう」
という話をします。
対象読者は「これからお絵かきを始めようと思っている人」です。
(というか、すでに捨ててしまった場合は実行できないので……)

目次

  1. 失敗作なのに残しておくの?
  2. 描いた日付を記載しよう
  3. 感想も書いてみよう
  4. まとめ

失敗作なのに残しておくの?

以前棒人間すら描けないオタクが絵を描き始めるまでの話でチラッと書きましたが、
絵が描けるようになってくるにつれて、目も肥えてくると、自分の描いた絵のダメな部分が目立って見えます。
これを書いている猫さん自身も非常に自信を無くしたわけですが、その時に過去の自分の絵をふと見て思いました。

「なにこれwwへったくそwww」

あまりにおかしくてクヨクヨしていたのが馬鹿らしくなりました。
同時に少し前の自分と比較して現在の自分が成長していることを実感できました。
以前書いたとおり、創作活動をする上で自信は少し過剰なくらいでちょうど良く、それを維持するためには他人と比較せずに、過去の自分と比較することが大事になってきます。

なぜ失敗作だと分かっていながら残しておくのか?
答えは未来の自分が成長を実感するためです。

描いた日付を記載しよう

<過去絵の保存例>

参考画像として猫さんの模写用ノートから2枚ほどパシャり。
見れば分かるとおり、そのとき感じたことや日付を記入しています。
上図にあるとおり、描いた日付を記載しましょう。
これによりいつ描いた絵なのか、というのが後で見返した時にわかるようになります。
お絵かきは1~2ヶ月程度ではあまり成長を実感できない場合が多いので、「今から1年前の絵を見る」などある程度時間が経ってから見直すことをオススメします。

感想も書いてみよう

これも上図に書いてますね。
無理して沢山書かないといけないなんて事は無く、絵を描き終わってふと見返した時に感じた「ここがおかしい?」だったり、「ここを直したら綺麗になる?」、「ここは上手く描けた!」などの気持ちを素直に書いてみてください。別に誰かに見せるわけじゃないし恥ずかしくないですよね。

猫さんの過去絵を見ていると結構「あ~~~~~わからん!!」とか「○○難しすぎるーーーー!!」など叫んでいることがありますが、そういう内容でも大丈夫です。
後で見返した時に「あぁ、この頃の私はこれが分からなかったのか」と判断できますので。

まとめ

というわけで、今回は「描いた絵を(失敗作含めて)全て残しておこう」という話でした。
メリットは未来の自分が成長を実感できること(自信やモチベーションがあがること)です。
これから絵を描き始めるという方はもちろん、今までも絵を描いていたけど失敗作は捨てていたと言う方がいれば試してみてください。

次回は絵を描くのに必要なスキルについてです。

どんな方法で絵を描くか

3連休ですね。
土曜は登山、日曜はサバゲー、月曜は筋肉痛で行動不能な子猫2000です。

登山中にシカに遭遇しました。

シッポふりふり、お耳ピロピロ、動かしていて可愛かったです。

前回の「棒人間すら描けないオタクが絵を描き始めるまでの話」の反響が良かったので、イラストの話をいくつか書いていくつもりです。
といっても、いきなり難しい話に入ってもしょうがないので、段階的にステップアップしていく感じで進めるつもりです。というわけで、まだ導入の段階の話をします。
具体的な技術の話が聞きたい方はもうしばらくお待ち下さい。

この記事の対象読者は前回同様、「絵を描いたことなんてないけど、描いてみたい」と思っている人です。

目次

  1. 私も絵を描いてみよう!……さて、なにを用意したらいいんだ?
  2. 紙とペン
  3. アナログで色塗りまでやる場合
  4. デジタルで色塗りまでやる場合
  5. まとめ

私も絵を描いてみよう!……さて、なにを用意したらいいんだ?

「いざ自分も絵を描いてみよう!」と思い立ったは良いけれど、
今まで絵を描いたことなんて無い人だと何を用意したらいいのか分からなくて困るかもしれません。
実際に、猫さんがそうでした。
そこで、今回は絵を描く手段について紹介します。

なお、記事を執筆している猫さん自身がデジタル絵派なので、アナログによる仕上げの解説はあまりできません。
その点はご注意下さい。
(一応少しだけやりましたが……)

紙とペン

まずは紙とペン(もしくは鉛筆、シャーペン)。
お絵かきと言えばコレです。

<メリット>

  • 費用が安い
  • 準備もなく手軽にできる
  • ネットで公開しようと思ったらスキャナーが必要

この王道的手法は誰もが通る道だと思います。
シンプルながら「準備もなく手軽にできる」というメリットは大きく、
バッグにペンと紙さえ入れておけば、家に限らず出先などで絵を描くことができます。

紙は基本的にコピー用紙でいいです。(安いので)
ある程度上達してきて、こだわりたくなったら紙にもこだわる感じで。
ちなみに猫さんは、画用紙なども持っていますが基本的にコピー用紙しか使っていません。

逆に描く道具については、ちょっとこだわった方がいいかもしれません。
まず、ペン、シャープペンシル、鉛筆、のどれを使うかについてですが、猫さん個人の感想で言うと、

  1. 鉛筆
  2. シャープペンシル
  3. ペン

の順に初心者にはオススメしたいです。
なぜペンが最下位かというと、筆圧による変化がつけづらいためです。
逆に鉛筆をもっともオススメしたい理由は、筆圧による変化がつけやすいからです。使用する鉛筆は柔らかめの物を使用すると良いでしょう。猫さんは6Bの硬筆用鉛筆を使用していますが、筆圧は個人差があるので、自分にあった硬さを探してみてもいいかもしれません。
シャープペンは鉛筆の筆圧機能を下位互換させて、細かい部分の描写力を上位互換させたイメージです。あと、シャープペンで描くと気持ち少しだけ上手く見えます。(でも筆圧で陰影まで表現させたら鉛筆の方が上手く見えます)

では、ペンは全く使わないのか?
というと、清書用に使うのはアリだと思います。
描いたものを写真にとると実際に見るより薄く見えるからです。
なので、アナログで描いたものをネットに上げる場合や、アナログで線画した絵をデジタルに取り込む場合などは、ペンで清書することでメリットを感じられるでしょう。

基本は鉛筆(もしくはシャープペンシル)で描き、清書にペンを使う。
これが猫さんのオススメする使用用途です。

もちろん使用感や運搬性の違いから、必ずしもこの使用用途にしなければならないということは無いので、無理に鉛筆にこだわる必要はありません。

次に、ペンの直径についてです。
絵を描いたことの無い人だと太さについてあまり意識したことがないかもしれません。
こちらは単純です。
太いほど疲れにくく、細いほど細かい描写がしやすい
以上です。
アナログで絵を描く場合のペン選びについては、最近は色々なシャープペンが販売されていたり、鉛筆にジョイントして使用する器具が販売されているので、自分にあったものを探してみてください。
<猫さんが使用しているアナログ用ペンの太さ比較>

左から「HBの鉛筆」「6Bの鉛筆」「0.3ミリのシャープペンシル」「0.5ミリボールペン」です。
ぶっちゃけ言うと、猫さんはあまりアナログ用のペンはこだわっていません。
唯一こだわったのは0.3ミリの製図用シャープペン(銀色の物)ですが、これも「大好きなイラストレーターのカントクさんが使っているから」という不純極まりない理由です。
……理由は不純ですが使いやすいですよ(必死の弁明

続いてデジタル用ペンの話です。
初心者の方が勘違いするといけないので、先に注意事項です。
※ペンタブレットや液晶タブレットのペンは、それぞれの会社・機種に対応した物のみ使用できますので、購入の際は自分が持っている機器に対応しているか確認してください。
<猫さんが使用しているペンタブレット用ペンの太さ比較>

※鉛筆は大きさ比較用に置きました。
見てのとおりめちゃくちゃ太い物と、細い物の2種類を使用しています。
主な使用用途は
太いペン:ラフ・色塗り用
細いペン:線画用
です。
長時間行う色塗り(線画した絵などに色を塗る作業)では疲れづらい太いペンを使用し、
細かい作業が必要な線画(ラフを元に迷い線などを無くして、綺麗な線だけの絵にする作業)では細いペンを使用しています。
ラフ(どんな絵を描こうか大まかにアイディア出しをする作業)は細かい作業をしないので太い方を使用しています。

アナログで色塗りまでやる場合

続いては絵の仕上げについてです。
まずはアナログから。
といっても執筆者の猫さんがアナログ絵は経験数が少ないため、深いことは語れません。ご了承下さい。
まずアナログ仕上げのメリットとデメリットについて。

<メリット>

  • 昔から存在する手法なので解説書などが豊富
  • デジタルとは違い、道具を実際に使うので直感的

<デメリット>

  • アニメ調の絵ではほぼ使用されないため、その手の解説書は少ない
  • 道具代が高め
  • 気軽に作業のやり直しが出来ない

どうしても執筆者がデジタル派なので、偏り気味の意見となってしまいました。

当サイトでは、アニメ調の絵の描き方を解説する予定なので、この記事の想定読者の方にとっては「アニメ調の絵に関する解説書が少ない」というのはデメリットに区分しました。

また、道具代についてはアナログの方が高くつきます。
これについては間違いありません。
数を描くほどデジタルのほうが安上がりになります。
デジタルは初期投資としてペンタブレットや、イラスト用ソフトなどにお金を使えば、それっきりです。しかし、アナログ絵の場合は絵の具代だったり、筆代だったり、漫画を描くならトーンだったり……なにかとお金がかかります。

最後に「気軽に作業のやり直しが出来ない」です。
これがアナログとデジタルの最大の違いだと思います。
もちろんアナログでもやり直しは可能ですが、失敗した作業を消したりするのに、かなり手間がかかります。
しかし、デジタルの場合は「戻る(Ctrlキー + Zキー)」1つです。
これだけで完璧に元通りになります。

デジタルで色塗りまでやる場合

次は比較対象のデジタル絵についてです。
まずはメリットとデメリットから。

<メリット>

  • アニメ調の絵に関する書籍や講座が豊富
  • アナログと比較すると道具代が安い
  • 簡単に作業のやり直しが効く
  • 意図した色そのままの色で塗れる

<デメリット>

  • 実際に道具を使うのではなく、機械を通すため直感的ではない
  • ソフトによって使い方が違うため、操作を覚えなくてはならない

「アニメ調の絵に関する書籍や講座が豊富」ですが、こちらはアナログ絵についての箇所で記載したとおり、アニメ調の絵はデジタルで描くのが主流なので、その手の解説も豊富です。

「アナログと比較すると道具代が安い」「簡単に作業のやり直しが効く」についても、上述のとおりなので省略します。

メリットの「意図した色そのままの色で塗れる」についてです。
文字通りの意味ですが、デジタルでは色をピンポイントで選びます。
RGB(Red,Green,Blue:デジタルで色を扱う際の三原色)の数値として選ぶこともできますすし、色相環から色を拾うことや、他の画像から色を拾うこともできます。
<FireAlpacaの色相環>

デメリットの「機械を通すため直感的ではない」ですが、これがデジタルの最大のデメリットとなります。
具体的には

  • ペンタブレットは画面を見ながら手元を動かして操作する
  • 液晶タブレットを使用してもペン先と若干ズレが存在する
  • 手の動作から描画までタイムラグ(時間差)がある

などです。
まず「ペンタブレットは画面を見ながら手元を動かして操作する」ですが、こちらはやってみればすぐに分かります。アナログで紙に直接描く場合と違って、手元の移動量と画面の移動量が必ずしも一致しない事や、そもそも自分の手の動きが見れない状態で線を引く事が原因となって、最初は非常に苦戦すると思います。もちろんペンタブを使っていれば段々と慣れてくるので、諦めずに続けていれば紙に直接描くのと同じように使えるようになります。

次に「液晶タブレットを使用してもペン先と若干ズレが存在する」です。
液晶タブレットというのは画面に直接ペンを使用してお絵かきできる機械です。精度の高いタブレット(iPadなど)だと思っていただければ良いと思います。こちらはペンタブに比べて違和感は少ないのですが、画面の端にいくほどカーソルがペン先とずれる問題があります。さらに、液晶タブレットは非常に高価です。
たとえば業界最大手のワコム製だとこんな価格……

とても初心者にオススメできる金額ではありません。
(こんなの買って絵を描かなくなったら勿体無い!)

なので液晶タブレットは、ある程度お絵かきできるようになってから検討する程度で良いと思います。

最後に「手の動作から描画までタイムラグ(時間差)がある」です。
こちらは人によっては感じないかもしれません。
猫さんはペンを「シャッ、シャッ」と素早く動かすため、ペンタブや液タブ使用時にタイムラグを感じました。結果として、思い通りの線が引けなかったりするので地味にストレスです。対策はペンを気持ちゆっくりめに動かすしかないので、猫さん同様にペンを素早く動かす方にとっては、デメリットとなるでしょう。

まとめ

またも思いのほか長い記事になりました。
まとめると

  • まずは6Bなどの柔らかい鉛筆とコピー用紙を用意しよう
  • ペンは太いほど疲れづらく、細いほど細かい作業に向いている
  • アニメ調の絵を描きたい場合デジタル作業がオススメ
  • 初心者はペンタブレットを使おう


というあたりでしょうか。
最初は分からないことだらけですが、続けていくうちに出来ることが増えていくのは達成感があり楽しいです。
お絵かきに興味があるなら、今日にでもコピー用紙を買ってきて始めてみましょう。

今回の記事はここで終了です。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回は描いた絵は全て残しておこうです。
また次回お会いしましょう。

私がよく使っている頭の整理法3選

今朝うちのポポ(ハムスター)がお亡くなりになりました。
子猫2000です。


生前のモフモフ写真を上げておきます。とりあえず癒されてください。
ただのキンクマなのですが、やたら長毛な子でした。
全体的にどんくさくて、天然な愛されキャラでした。

話は変わりまして、今日は普段猫さんが実際に使っている脳内整理法を紹介します。
と言っても有名なものばかりなので、詳しく知りたい方は他のサイトなどを見てください。

目次

  1. ブレインダンプ
  2. マインドマップ
  3. TODOリスト
  4. まとめ

ブレインダンプ

まずはブレインダンプです。
<ブレインダンプの例>

たとえばこんな感じです。
(画像は猫さんがブログに描きたい内容についてのブレインダンプ)
画像ではインデント(段差)をつけて見やすくしていますが、とくに書き方は決まっていません。
「あるテーマについて脳内に思いついた内容を全て書き出す」事がブレインダンプです。
メリットは思いついた内容を忘れない事と、頭が整理できる事(書き出してしまえば覚えておく必要がなくなるので。)です。

マインドマップ

つぎはマインドマップです。
申し訳ないのですが、こちらは今手元に例が無かったのでGoogleの画像検索を参照してください。
複雑そうに見えるかもしれませんが、こちらもやっていることは単純です。
要は連想ゲームです。
真ん中に対象の名称(もしくは絵など)を書きます。
そして、そこからクモの巣状に連想する内容や、掘り下げた内容を書いていくだけです。
この方法のメリットは、複雑に思えた問題などを小規模の簡単な問題に分解したり、
「可愛いとは?」のような難しい問いの答えを出すことが容易になることです。

TODOリスト

最後にTODOリストです。
iPhoneをお使いの方ならデフォルトで「リマインダー」というソフトが入っていますよね。
要はあれです。
<TODOリストの例>

とても生活感あふれてますねw

こちらはその名のとおり「覚え書き」です。
やらないといけないことをメモしておいたり、忘れそうな内容をメモしておいたりすることで、
その記憶領域を脳から排除できます。
そうすると、日ごろの活動に脳の性能をフル活用できるという寸法です。

まとめ

いかがでしたか?
どれも簡単なものばかりですが、非常に強力な効果を持っています。
プライベートだけでなく仕事などにも役に立つので、あなたも是非使ってみてください。